スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

西田昌司議員へメールを送信

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif



 参議院において、日本国憲法の無効確認請願を受けて紹介議員となつてくださつた西田昌司議員がなにやらいはゆる「女性宮家」に関して賛同の意見をされておられると聞きました。

 Youtube
 http://www.youtube.com/watch?v=Ka0BsFX-cuU

 ニコニコ動画(ログインが必要です。)
 http://www.nicovideo.jp/watch/1330696489

 早速さきほどご意見のメールを送付いたしました。

 西田昌司議員ホームページ
 http://showyou.jp/

 西田議員が勉強不足なだけと思いますが、日本国憲法という名の占領憲法を無効確認すれば自動的に帝國憲法へ復元されますので、明治の正統な皇室典範も復元されます。これまでの占領憲法の単なる下位法律であつた偽物の皇室典範も無効となるわけで、GHQの占領政策により臣籍降下させられた元皇族方も自動的に皇族へ復帰となるのですから、女性宮家などという「女系天皇」への布石となる案にどのような政局的戦略を持つていたとしても賛同してはなりません。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 日本国憲法は無効です! - ジャンル : 政治・経済

Tag : 西田昌司 女性宮家 皇統 日本国憲法 占領憲法 大日本帝国憲法

占領憲法に踊らされる皇統


 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif



 保守風味な方をここでご紹介。全文引用。

 憲法解釈は男系に定まる(谷田川惣のコラム)
 http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/kenpoudankei.htm

 2月9日の衆議院予算委員会で、

女性宮家創設の問題について稲田朋美議員が野田総理大臣に質問。

------------------------------

稲田議員

「皇室典範第1条の“皇統”と、憲法第2条の“世襲”は、

日本の有史以来、一度の例外もなく守られてきた伝統である男系を前提にしている」

 

野田総理

「認識はその通りだと思う。

憲法第2条、皇室典範の第1条で男系ということを明記している。

古来、ずっと続いてきた歴史的な重みというものをしっかり受けとめながら、

一方で、皇室活動の安定性をどうしていくかという観点で、

皇位継承の問題ではなく、女性宮家の問題を議論させているが、問題認識は同じ。」

------------------------------

 

この時点では理想的な答弁を引き出したと思います。

 

政府の見解では、小泉政権時の福田康夫官房長官による

「憲法第2条の“世襲”には、女系も含まれる」という憲法解釈がこれまで最新だったので、

野田総理の答弁により、憲法に規定されている皇位の世襲は男系であるということがはっきりしました。

 

なお、憲法制定時の立法者意志やこれまでの政府見解は、

福田官房長官の答弁以前でも、一貫して第2条の憲法解釈は男系によるものだったので、

今回の首相答弁により福田答弁だけが突出して憲法解釈を逸脱していたことが明確になりました。

 

世襲の憲法解釈が男系に定まれば、

官僚についてはその間は絶対に女系の動きをすることができません。

官僚の手足を縛るという効果はあります。


女性宮家の夫も皇族にするところが限界でしょう。

しかし、それでは子供には苗字があるが、両親に苗字がない、という状態が発生します。

そもそも、子供の苗字は何を名乗るのでしょうか。

子供には憲法で保障される国民の権利が存在しますが、両親にはそれがない。

 

両親と子供が完全に分離されてしまうか、

それとも母と父子を分離する方がいいのか、という議論になります。

だったら、そもそもなぜ分離しなければならないのか、という主張をぶつけて、

皇室活動だけが問題なのであれば、

皇族女性が結婚して皇籍離脱後もご公務を負担できるような制度を

つくればいいのではないか、という論理を展開すれば、

相手側はそれを押しきってまで、

女性宮家創設と、その夫まで皇族にするなどということはできないはずです。

攻めどころはいくらでも出てくるでしょう。

 

国会議員がしっかりがんばれば、女性宮家は阻止できます。

歴史・伝統に基づくわが国の秩序を守ろうという信念ある政治家には、

是非立ち上がっていただきたい。




 どうやら、この谷田川という方は、政府の占領憲法解釈による「男系」答弁によって、なにやら「安心感」を感じているようです。

 もう呆れて細かく批判する必要性を感じませんが、占領憲法を護持する「保守派」の方々は大体この程度の方ばかりです。

 逆に言えば、歴代政府が「女系」解釈を続ければ、占領憲法は女系容認となるのでしょうか。(まぁ、「女系容認とはならない」、と強弁するでしょうが。。。)そうなればこの御仁はまた「不安」になるんでしょうな。

 占領憲法は國體を護持出来ていると強弁しながらも、政府にわざわざ「憲法解釈」をしてもらわないと安心できないご様子で、「憲法そのものの条文」だけでは安心出来ないのでしょう。

 このように、国民に解釈論争を仕向けて、皇統皇室を俗論化させることが占領憲法の目的でもあります。

 だから、一日でも早く我が国の憲法は帝國憲法であるという認識に戻して、占領憲法は憲法ではなく大東亜戦争の講和条件の残骸であること認識しなければなりません。


 ・大日本帝國憲法

 第一条 大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス

 この条文をもってすれば、男子だの女子だの解釈する余地はありません。不毛な解釈論を繰り返す必要など全くありません。帝國憲法をもって皇室典範を改廃することを得ず、皇室典範をもって帝國憲法を改廃することを得ず、です。


 くだらない占領憲法の解釈論争はもうやめましょう。

 国論が二分し、臣民が右往左往するだけです。

 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 天皇陛下・皇室 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 大日本帝国憲法 占領憲法 日本国憲法

自覚症状が無く侵蝕する

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif


 先般より報道などで皆様ご承知の通り、今上陛下のご体調がおもわしくないとのことで、毎日心配しています。一臣民として一日も早く全快されることを願うばかりです。

 さて、いつの時代も世が乱れると、必ずと言っていいほど皇室に対する不平不満が公の場に噴出するようです。

 江戸時代においては禁中並公家諸法度にのようないわば「皇室弾圧法」があり、幕末において幕府に弓引く危険分子として尊皇志士が徹底的に弾圧を受けました。

 そして現代においてはさらに厳しい、占領憲法下の一法律としての「皇室典範」によつて許された行為においてのみその存在が許されているという、全く自立権が無い状態に置かれています。(宮中祭祀などの慣習は除く)

 占領憲法第一条の、「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」 の通りの扱いを受けているのが皇室であり天皇陛下です。

 国民の総意によつては、廃太子もあり得るし、今上陛下の廃位もありえるし、皇室の解体もあり得るわけです。

 国家存亡の究極的な危機に陥ることが無い限り(今年の3月16日、今上陛下の緊急勅令など)、どんなに世が乱れても天皇陛下をはじめ皇族は自身の身分の事も当然ですが、基本的に法律に触れるような政治的発言などを一切されません。

 それを良い事に、今度は公に廃太子まで目論む朝敵が現れました。

 デヴィ夫人のブログ:現皇太子を廃嫡 『皇太子位を秋篠宮文仁殿下へ移譲』 署名運動  国民は我慢の限界
 http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-11078455667.html

 あろうことか物言えぬ皇族に向かつて、請願で国会という国民主権の機関を利用し、皇太子の交代(秋篠宮殿下へ皇太子位を移譲)を世に向かつて公言している有様です。

 私も内心はそうですが、今の皇太子妃殿下に関しては何かと不安、心配されておられる方も多いことでしょう。

 ですが、そんな世俗的な話は近所の井戸端会議などでしておれば良い話であつて、デヴィ夫人のように週刊誌などの流言に簡単に踊らされ、東宮を軽んじる小和田家と同じような行為をすることが、どれだけ皇室を貶める行為であるかを自覚せねばなりません。それで「皇室をお護りする!」などとあたかも保守面する無様な言動は片腹痛いというほかありませぬ。

 今、我々臣民がやらねばならないことは、国民主権の立場で皇室をお護りすることではなく、占領憲法の無効確認、帝国憲法と明治の正統な皇室典範の現存を確認するという請願を行い正統な皇室典範に復元して、皇籍を剥奪された旧皇族方にお戻りいただき、皇室の自立権を復元することです。

 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 保守主義 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 大日本帝国憲法 占領憲法 日本国憲法

NHKが皇室を王家と表記

≪似非保守派にNHKを批判する資格は無い!≫
  
 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif


 なにやら、来年平成24年の大河ドラマでNHKがいわゆる保守派から批判を受けている模様。

 NHK大河ドラマ 「平清盛」
 http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/index.html

 問題の画像がこちら。↓
 NHK大河ドラマ「平清盛」



 「皇室」を「王家」と表記しているからです。

 確かに、この箇所だけを見ればNHKは批判されてしかるべきではあります。

 しかし、ホームページの年号表記を見るとことごとく「2012(年)」と表記されている。

 我が國において、まともな放送局なら「皇紀二六七二年」か、「平成二十四年」と表記すべきです。

 これに言及する自称保守派を見かけません。

 それよりも大きな問題は、現在の日本国憲法を「憲法」として有効と認めている似非保守派がNHKを批判している事です。


 日本国憲法 第1章 天 皇

  第1条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

  第2条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。



 天皇皇室は、国会を通じて國民の命令に従わなければならない法体系になつているのです。

 つまり、占領憲法によれば、「天皇は國民の家来」という事です。

 しかも「世襲」なのですから、国会の議決で皇室典範(占領典範)を改正して「女系天皇」で無理矢理に皇室を世襲させる事も可能です。

 我々臣民は、それぞれ家族の事情によりどのように家を世襲するか決める自由がありますが、それが皇室には一切無い。皇室典範(占領典範)をどうするか自立して決める権限すら無いのです。

 そもそも皇室典範は、帝國憲法と並び「不磨の大典」として同格の法規範でした。皇室は自立権が認められていたのです。

 それを剥奪しているのが占領憲法です。

 占領憲法を「憲法」として有効と認める者に、NHKを批判する資格は無い!

 私も下記の集会に参加します。

 と き  9月10日(土曜日)午後18時30分より
 ところ  大阪駅前第2ビル5階 第4会議室
      大阪市立総合生涯学習センター
 主 催  真正保守政策研究所 http://www.shinhoshu.com/
 参加費用 無料
 問い合わせ webmaster@shinhoshu.com (@を小文字に変えて下さい。)

 新しいエネルギー政策提言、民主党と北朝鮮との深い闇、外国人地方参政権と人権救済法案を阻止する方法、景気回復と被災地復興の方法など、あらゆる議題を提示し、実際の国政へ提言して行くべく行われる集会です。

 集会時に占領憲法の話も出てくるかもしれませんが、私個人的に話かけて下されば、「占領憲法がなぜ無効なのか?」「無効と確認されて我が國は大丈夫なのか?」などあらゆる質問・疑問にお答えします。

 占領憲法は無効!と思う方はクリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 日本国憲法は無効です! - ジャンル : 政治・経済

坂本龍馬は尊皇の志士

正確に伝わつていない本当の坂本龍馬像

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif



 普段、あまりテレビといふものを見ないのですが、時あつて「JIN-仁」という現代西洋医学と江戸幕末を掛け合わせたやうなドラマを拝見しました。

 昨今では様々な坂本龍馬にまつはる書物があふれておりますが、坂本龍馬を一躍有名人へと導いた書として一番に思ひ出すのは司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」でせうか。

 つい先日までは、俳優・歌手の福山雅治氏が龍馬を演じた「龍馬伝」といふドラマがNHKで放映されていたと聞きます。

 そのドラマや書物の内容で描かれている龍馬といふ人物は、伝統や歴史にとらわれない目新しい物好きで、ある種の思想にとらわれない平和主義者、自由奔放な流浪な士のやうな描かれ方をされていますが、実際は全く違います。

・文久三年(1863)六月二九日 坂本乙女宛 (一部抜粋)
 「然に誠になげくべきことはながとの国に軍初り、後月より六度の戦に日本甚利すくなく、あきれはてたる事は、其長州でたゝかいたる船を江戸でしふくいたし又長州でたゝかい申候。是皆姦吏の夷人と内通いたし侯ものにて候。右の姦吏などはよほど勢もこれあり、大勢にて侯へども、龍馬二三家の大名とやくそくをかたくし、同志をつのり、朝廷より先づ神州をたもつの大本をたて、それより江戸の同志、はたもと大名其余段々と心を合せ、右申所の姦吏を一事に軍いたし打殺、日本を今一度せんたくいたし申候事にいたすべくとの神願にて候。」

・文久三年(1863)六月十六日 池内蔵太の母宛 (一部抜粋) 
 「此かずならぬ我々なりと、何とぞして今上様の御心をやすめたてまつらんとの事、御案内の通り朝廷というものハ国よりも父母よりも大事にせんならんというハきまりものなり。」



 内容を現代風に要約すると、

「江戸の悪い幕府役人が長州藩と戦をしていた外國軍と内通して、外國軍艦を修理するなどして我が國を危機に陥れているから、朝廷(天皇・皇室)を中心として我が國(神州)護るための基本政策を発表し、何名か同志の大名と結束し、これら幕府役人共を排除して、今一度我が國を洗濯したい、と神にお願いをしています。」

 「この数ならぬ我々なりと、何とぞして今上様(孝明天皇)の御心を安めていただく事、御案内の通り朝廷というものは國(土佐藩)よりも父母よりも大事にしないといけないという事は、当然の事なのです。」

 上記は龍馬が書いた手紙の中のほんの一部ですが、間違いなく龍馬は「尊皇攘夷」の精神を基軸として、いかにして我が國が海外列強と立ち向かわなければならぬかを考えていた人物です。

 幕府や藩(いはゆる「お国」)が良ければそれで良いといふ概念にとらわれては國全体が危うくなる、といふ大局的な視点に立ち挙國一致を訴え、我が國を「革命」という意味ではなく「洗濯」という意味での「維新」を成し遂げやうとしていた事がわかります。

 その尊皇精神を伝えずして本当の龍馬は語れないのではないか、と思ふわけです。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : JIN-仁- - ジャンル : テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。