スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

占領憲法施行日を迎へるにあたり


 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif


 お久しぶりです。ご無沙汰いたしております。

 仕事が多忙及び、諸般の事情により更新をお休みさせて頂いておりました。

 現在もあまり状況は変わりませんので、またいつ更新させて頂けるか分かりませんが、少しだけ書かせて頂きたいと思ひます。

 (久しぶりなので、書き方を忘れている(正統仮名遣ひ)やもしれませぬ。。。)

 さて、来る5月3日は忌まわしい、「極東軍事裁判開廷」、「占領憲法施行」された日であります。

 5月3日という日そのものが忌まわしいのではなく、上記のやうな非人道的な事が始められた事に忌まわしさを感じるわけですが、その占領憲法を有效と認めるか、無效であるかと確認するかで最近ネット上の一部では活発な議論が展開されているやうです。

 その中でも拙ブログでも再三取り上げて参りました、「眞正護憲論」といういはゆる「占領憲法新無效論」に対して、根本的な間違ひと言ふか、勘違いをしている人がちらほらと居られることを耳にしています。

 確かに眞正護憲論も、占領憲法の護憲論や改憲論と同じやうに、日本をどのやうに立て直すのか?と言ふ意味での「方法論」の一つである事には違ひありませぬが、成文法の根源である「憲法学」の觀點から言へば、占領憲法における従来の「護憲か改憲か?」と言ふのは、単なる「立法論」で、眞正護憲論は法の「效力論」であるからして、全く論点が違う事を認識せねば、議論は一向に噛み合いませぬ。

 眞正護憲論から見れば、占領憲法の護憲論も改憲論も「日本の國柄を汚す」方向でしかない論であり、お互いが喧嘩し合う様は、あたかも少し仲の悪い兄弟喧嘩を見ているやうな程度の違いしかありませぬ。

 ならば、「新しい憲法を作れば良いではないか?」などと言ふ方が出てくるのでせうが、多数決で決められた憲法は多数決でいつでも書き換えられます。つまり、常に多数派が勝者であり、力こそが正義と言ふ誠に倫理観の欠落した方法論をみずから認める事になるわけです。

 となれば、結局米國に力で「多数決制定させられた占領憲法」も有效だと認めざる得ませんし、今後、大東亞戦争後と同じやうな事態に我の國が直面した時にも、その論理を認めざる得ません。

 このことが理解できない方の大半は、「帝國憲法は作られた憲法だ」と思ひ込んでいる方が大半です。内容を読んだ事も無いのにそう言ふ方が多いことに驚かされます。日本と言ふ國としてただ当たり前の事を書いている内容なのですが。

 「日本はこのやうに物事を進めていますよ」と、確認して改めて文章に書き起こした法が「帝國憲法」なのであり、もともと我の國が持ち合わせている「規範」の一部を文章化したものなのです。ですから、新しく作った憲法ではなく、改めて確認した憲法なのです。

 眞正護憲論はその帝國憲法への「原状回復」を基本としているため、一旦元通りの状態、つまり占領憲法が無い状態にして、我の國の國柄を立て直す準備をしてから「さて次はどうしましょう?」と言ふ議論が出来るわけです。

 これは決して占領憲法の有效論や、新憲法論では論理的に不可能なことです。この道理を捻じ曲げる方法としては「力こそすべて」と言ふ論理しかありません。

 それと、皇國史観でもないし、國體護持を志すわけでもないのにも拘らず、眞正護憲論を単なる「方法論」の一つであると捕らえて、占領憲法の改憲論と同列に並べて論じる方々があられるやうです。

 これはとんだお門違いな話で、眞正護憲論の論理は、國體護持に記されているやうな「皇國史観」でなければ成り立ち得ない論であり、眞正護憲論は國體護持を実践するための「一つの入り口」のやうなものであるため、眞正護憲論だけをつまみ食いして実行するのは不可能です。

 眞正護憲論は、國體護持を実践するためだけの「方法論」の一つです。占領憲法の改憲論などと同列になど出来るものではありません。

 結論としては単純なのですが、そこまで行き着く説明を書けば長くなるので、是非とも南出喜久治氏が記された「國體護持」を一通り読了して頂く以外にご納得頂ける方法が無いのですが、本当の日本の心を伝えるにはどのやうにすれば良いのか見えてくるのではないかと思ひます。

 正確に「國體護持」の意思を読み取られた方であれば、誰が書いたかどうかなどは問題にもならないと思ひます。少なくとも私はそう受け止めました。

 ちなみに結論を言へば、「形」と言ふ答えは人それぞれ違うと思ひますが、誰もが原点・基軸は「祭祀」ですので、問答無用で皆同じだと認めざる得ないと思ひます。

 ですから、我が國の國體(國柄、くにがら)を「保守」出来るのは「皇國史観」のみですので、仮に眞正護憲論に論理破綻している所があつたとしても(無いですが)、「我々が何を保守せねばならないのか?」と言ふ目的が変わる事はありませぬ。

 眞正護憲論は、國體護持を完遂するための一里塚、一通過点にしか過ぎないのです。

 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。