スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

本年もありがとうございました。

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif



 今年もいつのまにか最終日(グレゴリオ暦でいう)でありますが、お世話になりました。ちなみに、旧暦である天保暦で言うと今日は12月7日だそうですから、まだ大晦日までは日があります。

 今年は波乱の年でした。もう語るまでも無いですが東日本大震災は我が国に大きな被害をもたらしましたし、未だに避難生活や元の日常に戻れない多くの方々がおられる事を思えば心が苦しくなります。我々に出来ることは、一日でも早く元の生活に戻っていただけるようによく働いて税金を納めて消費を活性化させて経済を立て直すことだと思います。来年も引き続き尽力してまいりたいと思います。

 そして、やはり現在でも今上陛下のお身体が心配になります。今年もお変りなく23日で78歳になられましたが、やはりご高齢ですから無理せずにご自愛頂ければと存じます。

 野田政権になつて突如湧き出てきた「女性宮家」騒動ですが、これも陛下のご心労を重ねさせた原因の一つでは無いかと感じております。何を保守したいのかわからないような右翼、保守風味の者が皇室に関して色々な事を放言しているようですが、どいつもこいつも一回脳みそ入れ替えて来た方が良い者ばかりです。これに関してはまた改めて記事を書きたいと思います。

 今年は大変な年でした。どうか来年は少し心休まる年になるように願うばかりです。皆様も良い年をお迎え下さい。

 すめらみこといやさか(天皇弥栄)

 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

外国人参政権は憲法違反?

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif



 続く、と書いておいて更新が遅くなるご無礼を毎度のことながらお許し下さい。

 今日は簡潔に述べさせて頂きます。

 松阪市のいはゆる自治基本条例についてですが、これは私は前から予告していた通りの展開となつています。
 http://dandyroads2.blog95.fc2.com/blog-entry-150.html

 私は、「占領憲法のままでは、外国人に参政権が与えられるのは時間の問題だ!」と口が酸っぱくなるほど、耳にタコが出来るほど何回も訴えてきました。そして、外国人地方参政権の後は人権擁護法(人権救済法)だと。

 以前は日本国憲法という名の占領憲法の改憲派だつた私が自らの認識の甘さと間違いを認め、現在では占領憲法の無效を訴えている訳ですが、未だにこの占領憲法で我が國を守ることが出来ると考えている自称保守派はいるのでしょうか。

 産経新聞を主に愛読するいはゆる自称「保守派」の面々はこの期に及んでも「外国人地方参政権は(占領)憲法違反だ!!」などと悠長なことを言い張るのでしょうか。もう既に地方議会は松阪市の自治基本条例などのような、外国人の住民投票権を認める条例を次々と成立させています。

 もう何を保守したいのか知りませんが、今の自称保守派は劣化を通り過ぎたただの莫迦だとしか思えません。ですから私はもう最近自分の事を保守派などとは言いません。人によって何を保守したいのかわからないのに、「貴方は保守派ですか?」などと確認すること自体がもう無意味です。

 占領憲法を容認するくせに、事あるごとに都合よく、天皇陛下だ、伝統だ、保守だ、などと言うなと。

 我々占領憲法の無効論者すなはち大日本帝國憲法を尊守する國體論者は、外国人地方参政権を事実上容認している占領憲法の守護者達との決別を新たに宣言せざる得ない。

 もう既に、「外国人地方参政権は憲法違反!!」などという主張は全く無意味無力となった。

 外国人地方参政権に反対している、占領憲法の護憲論者、改憲論者は何か反論してみろ。

 そして、外国人地方参政権を阻止する具体的な方策を示してみろ。

 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 地方自治 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 大日本帝国憲法 日本国憲法 占領憲法 外国人地方参政権

松阪市の外国人地方参政権

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif


 外国人住民投票権付与:松阪市長、条例案変えない
 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111204k0000m010086000c.html

 まず、毎日新聞らのような大手の新聞がこの記事をよく書いたな、と思いましたね。

 だいたいこういうものは知らないうちに可決されて粛々と進められる事が多いです。

 大阪府和泉市自治基本条例
 http://www.city.izumi.osaka.jp/entry.aspx?id=1419

 和泉市は、住民投票出来る外国人を「定住者」に限定していますが、これは事実上の外国人地方参政権と言って良いでしょう。そしてそれは、特に在日韓国人朝鮮人、在日支那人(いわゆる中国人)にほぼ限定された参政権とも言えます。

 こうした特定の外国人のみを優遇するような、日本人の市民とその他の外国人市民を悪い意味で差別をしていることに気づいていても、気づかないふりをしてこうした条例を可決させた議員の程度の低さは、まさに我が国国民の政治への無関心と思考停止の程度を反映した結果でしょうか。

 私は以前より、人権擁護法(人権救済法)よりも外国人地方参政権の方が早く進められて行くだろうと過去の記事で書いていました。

 それはなぜかと言えば、人権擁護法を推進する勢力から見れば、今の我が国はまだまだ外国人との軋轢が少なすぎるからです。

 民族対立で暴動まで行かなくとも、民事において「人種差別」と銘打った裁判沙汰になる事例が何例も出てくれば、必然的に人権擁護法が必要だと言う勢力は勢いを増すでしょうし、裁判官によっては立法府の不作為をわざわざ傍論で指摘する者も出てくるでしょう。

 そのためにも、日本人と外国人の軋轢を生み出す制度があえて必要なわけです。それは、将来の移民政策を進めるにあたっての布石でもあるのです。その大義名分は「(日本人は差別しても)外国人を差別するな!」です。

 松阪市 自治基本条例市民研究会
 http://www.city.matsusaka.mie.jp/commu/kihonjorei/citz_conf/index.html

 松阪市 第11回松阪市自治基本条例審議会のまとめ
 http://www.city.matsusaka.mie.jp/commu/kihonjorei/council/council20091001/data/shiryo_01_20091001.pdf

 審議会のまとめを読んでもその内容は酷いもので、外国人に対して投票権を与えることで、我が国の国民や同市の住民の権利を制限する事態になることに関しては一切議論になっていません。すでに外国人に投票権があって当然で、それをどこまでの範囲にするかなどの制度の話しかありません。外国人投票権がすでにある前提で話が進んでいるのです。

 まとめの中で、「最高裁の判例では、地方は、そこに住んでいる人が決めてもいい問題であるので、国会が通れば、外国人にも地方参政権を与えても良いのではないかというということだ。その流れを受けて住民投票制度をつくる自治体が増えている」などという意見が出ているが、この論理でいけば国会でわざわざハードルの高い外国人地方参政権に関する法改正を行う必要もなく、自治体単位で自由に外国人に住民投票権を与えても良いことになります。

 和泉市の例で言えば、外国人も政策の立案過程に参画し、市長の附属機関として設置される自治推進審議会の委員として参加することも可能だと解釈できます。ここまで来ればほぼ外国人に地方参政権を与えたようなものだと言っても過言ではないでしょう。

 (続く)
 


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。