スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

だから国民主権はダメだ!

だから国民主権はダメなんだ!

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif


 前エントリーのコメント欄で、アイサイさんがご紹介してくださった動画をだいたい見ました。

 http://igtv.co.jp/WebMx/Common/MxDisplay.aspx?tv_name=siminkokuren&program_id=53

 この話は実際に勉強会へ来られた方のお楽しみに取っておく方が良いかなと、敢えてイニシャルにして伏せていたのですが、バレちゃったので(笑)もう隠す必要もありませんが、民主党の松原仁代議士が南出喜久治先生らと、護憲か?改憲か?憲法無効論か?という議題の会に参加され、南出先生の論を聞かれて明らかに驚いた顔をされていらっしゃいましたね。

 民主党において、改憲論者の代表的な議員と言える松原仁代議士ですら、そこまで深く考えていなかった事が、この動画で良くおわかり頂けたと思います。(ちゃんと、改憲論者的思想から脱出してくれれば全面的に応援しますからしっかりしてくださいよ。)

 昨日のエントリーで私は。「貴方は一体何を保守したいのか?」と、むしろ右派、保守系という立ち位置に立たれているつもりの方々に対してのメッセージと言えるエントリーを立て、そして問いたださせて頂きました。

 一般的には、日本国憲法の改憲論者と言うのは基本的にいわゆる「保守派」と分類されて居るはずですが、松原仁代議士は天皇陛下・皇室・皇統、これらの事には自ら一切言及されませんでした。

 おそらく、南出先生の論を聞かれる前に、「日本国憲法を改正して何を護るのか?」と質問下したとすれば、松原議員は「国を護る!」とお答になられるのだと思いますが、「具体的には何を護るんですか?」と聞くと、おそらく「領域、国民、財産」と、お答えになられたと思います。一応、日本国の「主権」は国際的には回復されているとみなされていますから。

 しかし、この動画を見る限りでは、その護るものの中に、「天皇陛下、皇室」は含まれてないとも解釈できるようなお答をされる可能性が高かったのです。少し贔屓眼で見たとして、天皇陛下・皇室は当然護ってしかるべきであるから、敢えて言う必要も無いと思われたのかも知れません。

 ですが、私は前々からそこがすごく疑問に感じていてですね、日本国憲法改憲に関してあまりエントリーを上げてこなかったのですが、実はここが非常に重要なポイントなんですよ。

 つまり、改憲派の殆どは意識的でも無意識的であっても、憲法論議の中で「皇室を護る」という概念がすっぽり抜け落ちているのであり、日本国憲法を保ち改憲する事が「皇室を貶める」と言う事を全く理解していないのです。

 だから、日本国憲法の中に皇室典範が檻の中に閉じ込められているように、下位法として位置づけられている事がおかしいと気付かないのです。皇室典範が憲法の下位法であるという事は。単純に言うと国民の多数決で皇室を廃止する事も可能だという事です。

 と言う事は、日本国憲法を保守(護憲も改憲も同じ穴のムジナ)する事は、日本国民が「神=ゴッド=一神教」である事を、日本国民が自ら名乗り、そのように振る舞える事を自ら認める事が出来るという、「日本国民は日本国において全知全能の神である!」などと宣言する事と同じです。

 そして、国民の多数決によって、國體(国体、国柄)の変更もあり得る、すなわち、国民主権に基づいた『革命』をも認める事になり、フランス革命と同じ事を議会を通じて実行する事が可能となるのです。これは現在の共産党が目標としている事と同じことです。

 国民主権は「地球よりも人間の命の方が尊い」など言う暴言と同じ思想です。皇祖、皇宗、何億人という先祖先人たちが生きてきた長い長い歴史の中での単なる一経過である現代において、ほんの一瞬生を受けただけの国民が、何と言う傲慢、人でなし思想。これこそ外道、畜生と言わざる得ない!だから私は国民主権というものは恐ろしいものであり、絶対否定しなければ駄目なんだと言っているんです!

 これを許してしまうと、誰の望み通りのシナリオになるでしょうか。共産党や社民党などが主張する、日本國を支那のような共和国にする、米国のような移民族の集合体である人間奴隷実験国家にしたい政治家のシナリオ通りになるという事です。

 米国という国家は日本との戦争に勝利し、日本に何をもたらしたのかと言うと、『日本国民=神』という思想である日本国憲法でした。つまり、キリスト教のような一神教の価値観であり、これは米国が日本を統治、解体、永遠に従属させるために考え出した新しい価値観だったのです。日本国には「日本人」という「創造主=ゴッド」が1億2千万人いるという思想です。

 日本人はみんな神様であり、この世で一番偉い人間同士なんだから、個人と個人を完全に切り離して平等にしなければならない、という『個人主義』という思想を、戦後も必死になって日教組を使って、教育を通じて日本人に刷り込んだ。

 これは結局のところ共産主義的思想に繋がってきます。ですから、私から見れば米国も支那もロシアも表面上は違う国家の体をなしているかのように見えるが、やってる事の手法は全く同じな「左翼国家」にしか見えないのです。

 従わないのなら力づくでも従わせるという、単なる暴力思想の仮面をかぶった共産主義者達なのです。それを隠すためにあたかも民主主義がこの世で最良のものだと我々に刷り込ませているに過ぎません。

 よって、日本国憲法という占領憲法、宿便憲法を、永久平和憲法と教条的に信仰している人や、日本国憲法を改憲すると言っている人たちは、非常にラディカルな個人主義者であると言えます。

 話を動画の方に戻しますが、動画の中で70幾つの戦前生まれの方が、14歳の時に東京大空襲に遭われて恐ろしい目に合ったと言われていましたが、この方の発言を聞いて私は愕然としました。

 米軍による東京大空襲で大変な目に遭われた事に関しては本当に心中お察しいたしますが、その後に仰られた心情が私には到底理解不可能な事でした。

 「戦中は「米国に負けたら奴隷になる、殺される」などと言われていたが、実際戦闘(?)が終わって街に米軍が来た時は実に友好的だったね。」 「日本は米国に負けて良かった」

 ・・・もう、まさに戦後の個人主義思想に洗脳されてしまった方なのだなと、逆に哀れになりました。そして、正確な情報を与えられていなかったのだろうとも、同時に思いました。

 広島、長崎、東京、大阪…あらゆる都市が米国によって壊滅的になりましたが、これは明らかに民間人を狙った攻撃であって国際法に違反している手段である事は明白でした。

 この事を知っていれば、いや、もしかして知っていらっしゃっても思想的にそう考えるようになってしまったのかどうかは定かではありませんが、普通に考えて、米軍がどれだけ友好的に街に入ってこようが同じ国民が、しかも民間人が何十万人も大量虐殺されている事実を知っていれば、「負けて良かった…」や「友好的だな…」などとは微塵も思わないはずです。

 応援クリックを!
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 日本国憲法は無効です! - ジャンル : 政治・経済

Tag : 天皇陛下 皇室 皇室典範 国民主権 日本国憲法 宿便憲法 共産主義

COMMENTS

素晴らしい!

ヤフーのブログに転記させていただきました。ありがたうございます。

http://oncon.seesaa.net/article/7770767.html

こちらもぜひご覧ください。

 本当に仰る通りだと思います。
 結局、米国も他の左翼国家も実験国家という意味で同レベルだと思います。
 私は、最悪の被害をもたらした言葉狩りは「神」という言葉に対してであったと思っています。一神教の概念が入り込み、日本人を「無宗教」と思いこませた。「神」「宗教」という言葉に、致命的な「色」をつけた。結果、日本人から神話を奪い、文化と誇りを奪った。
 今、この瞬間にも、脈々と受け継がれた国の宝を護っている方達が存在するからこそまだ日本があるのだという事に気づかなければならないと思います。
 私達が失ったもの、取り戻すべきものは何なのかを見誤れば、戦うべき相手も見誤ってしまうと思います。 
東京での勉強会、是非やりたいですね!

soramameさん、こんにちわ。そーなんですよね。結局、護憲派はさておいといて、改憲論者を温かく見守っている(笑)のは、左翼であり共産主義者たちです。だから、改憲論者が1番やっかいだということなんです。

さらに困ったことに、彼らの多くは、保守だ!愛国だ!天皇陛下 万歳!と叫んでいますが、大日本帝国憲法の制定歴史も知らず、内容を読んだことがないのは言うに及ばず、この占領憲法さえ、9条しか知らない。今の日本の現状は第3章の影響が1番大きかったんです。

なので今、私のブログに、帝国憲法制定のことが詳しく書かれてある「明治天皇さま」という御本からぜひとも読んで欲しい章を抜粋してエントリーにあげています。またこの御本の著者である木村徳太郎先生のお嬢様の、花ひとひらサンとも偶然にブログを通じて出逢う素晴らしいご縁をいただき、第1回目のお勉強会に参加してくださりました。これまた不思議なご縁で、南出先生は過去に木村先生のお宅にもお邪魔されておられたそうで、さらにさらに、吉水神社の宮司さまも、木村徳太郎先生のことを良くご存知だったそうで・・・こうなるともう、ご先祖さま方々が、こういうめぐり合わせを演出されたとしか思えないですねと、お話ししていた次第です。

soramameさん、東京からもお勉強会に参加してくださった方々がおられまして、毎回参加となると大変なのです。それと東京でお勉強会があるのを待機しておられる方もいらっしゃります。南出先生は頻繁に東京へ行っておられますので、その日にあわせていただけるならば、いつでもお勉強会しましょうと言っておられます。http://ameblo.jp/japanwatching/ ミルかあさんさんと、一度ぜひご相談ください。私も行きたい!ところですが、ちょっと今年いっぱいは難しいです。soramameさん、ぜひ東京でお勉強会ご検討ください。よろしくお願いします。

soramameさん

 いつも有難う御座います!
 本当に仰る通りだと思います。私が日本国憲法という占領憲法、宿便憲法を無効にしなければならないと考えるのは、大日本帝國憲法に復元する事だけが目的では無いんですね。それは一里塚にしか過ぎないのです。

 米国(GHQ)は八百万の神々と日本人を断絶させるためには、神道の大斎主であらせられる天皇陛下、そして皇室を廃止させなければならない。米国自身が手を下さず日本を共和国化、共産主義国家化、新自由主義国家化させるためには、日本人自らの手によって皇室を廃止させる事が最も重要だと考えた訳です。

 と言う事は、今この世に生を受けている「個人(個体)が神」として君臨し崇めさせ、國體(国体、国柄)を破壊するために作られたのが日本国憲法だという事になります。

 日本国憲法を無効にし、帝國憲法に復元する目的はただ一つ、『國體護持』、國體(八百万の神、皇祖、皇宗、臣民)を護る事にあります。

 ご無理をおかけしない程度で、東京での勉強会実現に向けてご協力頂ければ本当に幸いです。また具体的にお話をさせて頂こうかと思います。その際にはよろしくお願いいたします。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。