スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

斎庭の穂のご神勅

斎庭の穂のご神勅

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif


 田植えの季節になりましたね、今年もいつものように陛下が”田植え”を行われています。

 (北朝鮮に関する記事を書こうと思いましたが、明日にします。)

 (時事通信に限った事ではなりませんが、陛下に関する記事の文章が雑なものが多いわけで、新聞社は私の様な素人ではなくて物書きのプロ集団なんでしょうから、しっかりとした記事を書いて頂きたいものです。)

 

 天皇陛下が田植え(時事通信より)

 天皇陛下は26日午後、皇居内の生物学研究所脇にある水田で恒例の田植えをされた。田植えは14日に予定されていたが、陛下に風邪の症状があったため延期されていた。

 陛下は長靴を履いて水田に入り、もち米のマンゲツモチの苗20株を1株ずつ丁寧に植え付けた。秋には陛下が稲刈りをし、収穫した米は新嘗(にいなめ)祭などに使われる。(2009/05/26-17:44)



 陛下は、毎年行う田植えの為に、4月から苗を育てていらっしゃいます。

 

 天皇陛下がもみまき(時事通信より)

 天皇陛下は7日午後、皇居内の生物学研究所脇の苗代で、稲の種もみをまかれた。

 カーキ色のジャンパー姿の陛下は、うるち米のニホンマサリともち米のマンゲツモチの2種類を丁寧にまいた。

 育った苗は5月中旬ごろ、陛下の手で皇居内の水田に植えられる。稲刈りも自ら行い、収穫されたコメは新嘗祭などに使われる。(2009/04/07-15:37)



 そして朝生での、いわゆる「聖徳太子って知ってるぅ~?」激怒事件で、人格破綻者と見紛うような人物である田原総一郎から、「人格破綻者」とのレッテルを貼られてしまった四宮正貴氏ですが、ちゃんとした事を書いていらっしゃいます。引用させて頂きます。

 (四宮氏はその後、一応「興奮するのは良くなかった」と反省の弁を述べているわけですが、「聖徳太子」という誰でも知っているような事を、「あんた知ってる?」と人を小馬鹿にした物言いしながら、謝る事無く平気で話相手をおちょくる田原総一郎こそが、「すでに人格破綻している者」言われても仕方がない訳で、煽り立てた田原を擁護するように「煽るのが仕事の田原にまんまと引っ掛かったw」などと、放言する者も田原の同類として人格破綻しかかっていると自覚せねばなるまい。これは相手が四宮氏でなくても誰であっても同じ事だろう。)

 『天壤無窮の御神勅』と皇位繼承 四宮正貴
 http://www.max.hi-ho.ne.jp/m-shinomiya/ron/2006/ron060215.htm

 天孫降臨は、日神であり祖母神であらせられ穀靈であらせられる天照大御神の御神靈を體された邇邇藝命が、「生みの御子」として豊葦原瑞穂國の稲穂の稔りを體現される御存在として地上に降られたのである。即位の大禮及び大嘗祭・新嘗祭は天孫降臨の繰り返しの意義があるのである。

 「天孫降臨神話」は日本人の「米作りのくらし」の中から生まれてきた

 天孫降臨の時に、天照大神は『天壤無窮の神勅』と共に『斎庭(ゆにわ)の穂(いなほ)の神勅』をお下しになった。

 『斎庭の穂の神勅』には、「吾が高天原(たかあまはら)の所御(きこしめす)す斎庭(ゆにわ)の稲穂を以て、亦吾が兒(みこ)に御(まか)せまつる」(わが高天原につくっている神に捧げる稲を育てる田んぼの稲穂をわが子にまかせよう)と示されている。

 『斎庭の穂の神勅』は、高天原で神々が行われていた米作りをそのまま地上でも行うべしという御命令である。稲の種子を伝えるということは、米作りの生活を伝えることである。『斎庭穂の神勅』は、「米作り」という「くらし」の伝承なのである。これは、米作りを基盤とする文化が日本文化であることを証ししている。

 天照大神から皇孫・邇邇藝命に「斎庭の穂(ゆにわのいなほ)」を授けられたのは、高天原の稲を地上に移し植えて日本國を「豊葦原の瑞穂の國」とするのが、天皇のご使命であり民族の使命であるということを示している。天上から伝えられた斎庭の穂を地上に稔らせることによって、地上と天上とが等しくなると信じた。

 これは、神々の米作りの手振り・くらしを、地上に生きる人々が神習うという信仰である。神々の理想を地上において実現することである。その中心者が天照大神の「生みの子」であらせられる天皇なのである。

「高天原を地上に」「今を神代に」というのがわが國の肇國の理念・國家理想である。こんなすばらしい國は世界に日本しかない。これを萬邦無比の國體という。

 『斎庭の穂の神勅』は、民族生活の様式が水田耕作の上に立っている史実を物語る。そして、天皇の日本國御統治・國土経営の理想を示している。



 もちろん偶には米以外の物も良いですが、日本人はやっぱり基本的に米です。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

Tag : 神勅 斎庭の穂の神勅 天皇陛下

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。