スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

子供を拉致する児童相談所

子供を拉致する児童相談所

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif


 チャンネル桜にて、南出喜久治先生が、昨今のNHK偏向放送に対して如何にして我々国民は戦って行くか、そして、体罰と教育に関連して、今現時点でも行われている、児童相談所による児童拉致問題についてもその一端をお話下さいました。

http://www.youtube.com/watch?v=sGvzFYIjvVI



 前々回の続きのエントリーとなりますが、児童相談所の所業は凄まじいものがあります。

 南出喜久治先生がおっしゃっている通り、一時保護と称して児童を「拉致」すれば、その拉致した人数分のお金(予算)が児童相談所に割り当てられているようです。そして、その一時保護を判断するのは、所長の権限だけで決定する事が出来、その権限を監視するような機関も無ければ、一時保護を不当だと訴える行政機関も全くありません。

 そして、「一時保護」とはなっているようですが、その実態は家族との「永久隔離」という事案も多々発生しているようです。子供が児童相談所に拉致されたら、永遠に会えないのです。子供の様子を知りたい親に、一切子供の状況を説明されません。逆に、子供に対しては、「お父さん、お母さんが今日来たよ」など、そんな情報ですら一切子供に伝えられる事が無いようです。本当の完全隔離です。

 そして、挙句の果ては子供を、凶悪犯罪者と同じように薬漬け、親を憎むように洗脳を施すなど、社会に対して適応能力が無くなるほどの人格形成を児童相談所が行う事になります。

 しかも、児童相談所と学校とが逐一連携を取って、少しでも児童の腕に痣があっただけで現場の教師が、「親から暴力を受けたんだね?そうだよね?そう言っても大丈夫だよ~。」と子供に対して誘導尋問をし、無理やり児童相談所に送致させる例もあるようです。

 子供はまさか拉致されるなどと思わないのですから、嘘でも間違っても「うん、まあ。。」と答える子供もいるでしょう。しかし、もうそれで親による虐待認定されてしまうようです。現場の教師も、子供に厳しく接する事が出来ないような教育環境になってしまっため、対応に苦慮されておられる方々もたくさんいらっしゃるとは思います。

 私なんかは悪い事をした時には、頭をバチンと叩かれたり、頬をつねられたりしたことは多々ありました。そんな事は大したことでは無く、子供を教育するには当然あっても何ら可笑しくない事だと思います。それ、今の教育現場では一切許されない。そんな状況ならば、その代りに親が家庭で子供を厳しく躾ようとするとすれば、今度は児童相談所に拉致される。

 一体、誰が日本の子供の教育を担うのですか?誰も教育しないのでしょうか。いや、これは占領憲法によって、「日本人に教育をしてはいけない」と我々日本人は、戦後60年以上も経過していますが、未だに脅迫されている状態のままなのではないでしょうか。

 実際に被害に遭われた方は、ご自身の子供を取り返そうとして、約200人もの弁護士に頼みこんで回ったそうです。しかし、それは見事に全部断られた。普段、「人權を守れ!」などと声高に言う、自称人權派のサヨク弁護士ですら、その依頼を断っている状況のようです。

 サヨク弁護士は、一体誰の人權を守ろうとしているのでしょうか。

 困り果てたその方は、戸塚ヨットスクールを通じて、南出喜久治弁護士にそのご相談をされてきました。そして、南出喜久治先生がその親御さんの願いを引き受けて下さったという事です。このような事例もほんの一部にしか過ぎず、全國にはまだまだ同じように子供を拉致されて、とり返せずに途方に暮れている方々が沢山いらっしゃる筈でしょう。

 我々は、前々から人權蹂躙を助長させる、「人權擁護法」に反対の立場をとり、様々な論を展開して参りましたが、児童相談所と言う組織はいわば、家族の「家權」を蹂躙する組織と言っても過言ではないと思います。

 人間も含めた動物は、その生命保存本能から必然的に「家族」を構成し、外敵から身を守ろうとします。これは、現代の日本で言われているような「自分が何もしなくても國家は、國民の一人一人の人權護る義務がある!」などと言う、占領憲法に基づくいかがはしい人權概念に基づくものではなく、生まれながらにして持つ「「自然權」といういふべきものでしょう。

 つまり、児童相談所は占領憲法に基づいて、「子供の人權を守る!」と称してながら、その実態は金儲けのため、組織存続のために子供たちを拉致している訳です。私もこの話を聞いた時は、本当に信じられませんでした。そして、同時にその惨状を直接南出先生にお聞きして愕然としました。

 ここは北朝鮮なのか?ここは本当に日本か?と。

 確かに、痛ましい児童の虐待は、無くなることなく発生しています。これらに対しては毅然と対応して行かねばならない事は言うまでもありません。しかしそれは、何時の時代においてもあり得る事であります。それ以前に、そもそも我々大人に埋め込まれた「自虐史観」と言う、洗脳教育をまず先に正さねばならないのではないでしょうか。

 そんな、「日本は悪い國なんだ!自分は悪い日本人なんだ!自分の祖先は悪い事をした人間なんだ!」と、思いこんでいる大人に育てられる子供は、当然のように「不幸」になるとは思いませんか?特に今、GHQが日本に強制した日本國憲法という「占領憲法」の影響によって、その現象が益々酷くなっているのです。

 その実態を詳しくお聞きする事が出来ますので、ぜひ下記でご案内する集会へご参加ください。費用は一切必要ありません。

「教育と憲法」大阪決起集会のお知らせ
平成27年6月27日決起集会バナー

1)街頭演説
 と き 平成21年6月27日・土曜日 午後13時30分より
 ところ 南海電鉄「なんば」駅/高島屋前

2)決起集会
 と き 平成21年6月27日・土曜日 午後18時より(17時45分開場)
 ところ 大阪市 北区民センター 1階 (関西テレビの隣)
 JR環状線「天満」駅下車/地下鉄堺筋線「扇町」駅下車2A出口 各徒歩3分

 第一部 「國體護持と教育再生」 
      講師:遠藤健太郎(真・保守市民の会代表)

 第二部 「占領憲法の正體」 
      講師:南出喜久治(弁護士/憲法学会会員)

 主 催 真・保守市民の会
 協 力 國體護持塾

 ※東京は7月中旬ごろ開催予定です!

 ◎決起集会にご出席の方は webmaster@shinhoshu.com まで「ご芳名・性別・年齢・連絡先」などをご記入の上、ご一報下さいませ。なお、街頭行動への参加は平服・軽装にて自由です。

 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 憲法改正論議 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 占領憲法 日本国憲法 児童相談所

COMMENTS

近所の児童相談所はどうなんだろう?

拉致

現在 県に申立 審議中
拉致される以前に 警察にも児相にも世話になったこともない

子供が父親の元へ会いに行く途中 警察の保護され それから児相の保護
何の説明もなく 子供にも会う事も話す事も
子供が何と言っているかも教えてもくれず
約三週間 拉致された
申立の説明もなく
一時保護の通知も解除後に届いた 申立の教示もなかった このことで
現在 解除後に不当な処分として申立中

警察も一方的だった
現在 審議の結果に納得が出来ないとしたときに 弁護してくれる弁護士を捜索中
一時保護中に相談しようと予約をし もしかしたら訴える中身がかわるかもしれないとキャンセルした所にお願いしたら
既に児相の相談を受けていると断られた
親には子供の意見は関係ない
子へはお母さんに罰を与えなければいけない
という不適切な言動
どの部分が虐待になるかの説明も無し
今後の措置の内容の説明も無し
親の同意も得ずに知能テスト有り
母が書いた手紙を子供に渡す前に子供の同意無しで封を開けコピー
渡せなかったと返した手紙まで封を開けコピーしファイル
手紙を書きたいと訴えた子に対してダメだと返答
通信の制限は人権者に対してなのでは
子供の人権条約では
通信の自由と
行政であっても児童の最前利益を侵害してはいけないとされている
子供は家に帰りたいと
警察にも児相にも意思表明していた

申立の教示の事も児相自体知らなかった

問題ばかりだ
学校や近所に対して
事実確認の調査もしていなかった
体に青あざなども無い
痩せてもいない 逆に太っている
なのに緊急措置
納得のいかない事だらけだ
引き受けてくれる弁護士さんを知っていたら
是非 連絡を

遅レスすみません。

皆様、コメントありがとうございます。

 日本のどこの児童相談所であっても、拉致すれば予算が一人当たり数十万円割り当てられるなどのシステムは一緒ですから、拉致件数が多いか少ないか、一時保護の後にちゃんと解放しているかどうか、保護者と直接面談などを行っているかどうか、などの実際の運用の違い程度しかないと考えられます。南出喜久治弁護士がお話下さった内容からそう思います。

 児童相談所に関しては、一部では学校の教職員も率先して子供を児相送りにする者がいるようです。これは偏向した思想的な問題も一面としてありますが、教師自らが問題を解決しなくても良いという、責任放棄から発生しているケースもあるようです。

 いわゆる人權派弁護士と呼ばれている人であっても、この問題だけは触れたくないと言う人がほとんどなのが現実なようです。南出喜久治弁護士のように対応される弁護士は皆無と言って良いと思います。もし本当に必要ならば、一度直接ご相談される事をお勧めします。

 http://www.mapion.co.jp/phonebook/M10012/26104/0752113828-001/

子供を拉致監禁200日

記事にある内容で、しかも職権の悪用と乱用で
アスペルガー症候群の子供と妻を悪意に一時保護施設に
導いて家庭を崩壊寸前まで追い込んだ佐賀県中央児童相談所
および佐賀県婦人相談所の処分請求(懲戒解雇)を佐賀県の
公益通報にしています。詳細は、
http://ameblo.jp/huzinbokumetu/

http://d.hatena.ne.jp/bokume2/about

上記にてご紹介とご賛同をお願いしています
メールでも良いので宜しく願います

なお佐賀県の処分が下った時点で関係した
職員と所長は刑事事件告訴を予定しています

前田様

ご挨拶が遅くなりましてすみません。
情報のご提供と、拙ブログへのリンクありがとうございます。
全国から、児童相談所の件について多くのメールを頂いております。
誠に微力で申し訳ない限りですが、拙ブログでも頂いた情報をご紹介させて頂き、同じ悩みを持つ方々へ少しでも真実をお伝えできるように、周知活動にご協力させて頂ければと存じます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

拉致とか洗脳とか薬浸けとかわけわからん。
そんなことされませんが。
あたし実際入ってましたし。

No title

何言ってるの。

自分は正しいことしてるのに、拉致するっていう発想自体がもうおかしいよ。

なんで自分が悪い可能性を最初から排除できるんだ?

くるってるよ。

No title

このブログを書いている人は単に子供が憎いのだと思いますよ。

No title

http://ja.yourpedia.org/wiki/%E7%94%B7%E5%A5%B3%E5%8E%A8
このブログを書いている人は男女厨という方だと思います。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

児童相談所の悪意と罠と工作について

我が家の事例・経験から次の事などがわかりました。 マスコミなどの報道で児童などの虐待による事故や 事件が稀にありますが、その殆どは3歳児以下です 普通の人や児童相談所などの説明などで、何となく 普段から気にもせずに何気なく思い単に小さい子供 ...

佐賀県中央児童相談所と佐賀県婦人相談所の悪意(1)

このブログを読まれる方へのお願いとご注意などについて! 記載されている記事内容は事実に基づいて投稿されています。 法律的にも明らかにおかしい事実を佐賀県中央児童相談所およびに 佐賀県婦人相談所、鹿児島市婦人保護施設:錦江寮、鹿児島県婦人相談所と 職...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。