FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

絶える事の無い伝統

日本文化、一番大事なもの

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif


 みなさまこんにちは!

 良い秋晴れの天気ですね。昼間などはちょっとした夏日のようなポカポカ陽気ですが、朝晩はちょっと寒いぐらいに冷えるようにもなってきましたから、風邪やインフルエンザなどを引き込まないように、油断せずに暖かくお過ごしください。

 ちなみに、古来から日本では「風邪をひく」と表現しますね。昔は今ほど科学が進歩していませんでしたから、ウィルスが体内に入り込むことで症状が出るなどとは考えもつかなかったでしょう。ですが、疲れている状態などで免疫力が低下しているときに、自ら風邪のウィルスを引き込んでしまう、体内へ招いてしまう事が風邪をひく「本当の原因」なのですから、先人の直観というのは素晴らしく鋭いものがあったのだろうと想像できます。

 科学が発達した昨今においても、「風邪を治す薬は存在しない」と言われています。すでのご存じの方も多いと思いますが、病院で出される処方箋も市販の風邪薬も、すべて単に「症状を和らげる」というだけのものです。確かに、症状が和らげば、ゆっくり寝る事が出来たりして、早く快方に向かうこともあるでしょう。

  風邪を引くと、熱が出る、痰が出る、喉が痛くなる、頭が痛くなる、様々な症状が出ますが、これはすべて風邪のウィルスを、自己免疫力が攻撃もしくは排除しようとして出るものですから、あまりにも逆に抑え込み過ぎるのも良くないのは当然でして、風邪が長引く、風邪をひきやすくなるなどの原因となっているのではないかと思います。

 基本的には風邪を治しているのはすべて、私たちの自己免疫力です。たとえ免疫の無いはじめてのウィルスでも、体の遺伝子と合わない異物が体内に侵入してくれば、即座に攻撃を開始して体外へ排出しようとします。これだけでも、素晴らしい生命を授かっているんだと感じ、私などは家族、祖先、そして八百万の神々に感謝しております。

 さて、熊本県の方で大切なわが国の宝が燃えてしまったようです。

 「火焚き神事」で社殿が全焼…阿蘇の霜神社
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090926-OYT1T00780.htm?from=nwlb

 霜神社が火事

 26日午後0時15分頃、熊本県阿蘇市役犬原(やくいんばる)、霜神社の火焚(ひたき)殿から出火、木造平屋約60平方メートルを全焼した。けが人はなかった。

 霜神社は、国指定重要無形民俗文化財「阿蘇の農耕祭事」の一つ「火焚き神事」を行うことで知られる。火焚き神事は毎年8月19日~10月16日、火焚殿の中で火を燃やし続け、煙をご神体にあてて農作物の霜よけを願う祭事で、2千数百年前から行われていたと地元では言い伝えられている。今年も行われ、地元の住民が交代で火を絶やさぬよう見守っていた。

 県警阿蘇署の発表などによると、火焚殿内には出火当時、当番の女性2人(いずれも70歳代)が、火を燃やしていた場所とは少し離れた部屋にいた。出火に気付いた時には建物内から炎が上がっていたという。

 神社には本殿、火焚殿、御仮屋(おかりや)があり、神事用の火は火焚殿の隣の御仮屋で引き続き燃やす。地元区長の男性(68)は「大切な火焚殿が燃えたのは残念だが、長く続いてきた神事を絶やすわけにはいかない」と話していた。

(2009年9月26日19時29分 読売新聞)



 霜神社を調べてみますと、「阿蘇の中心地大字役犬原の地に、元の村社で阿蘇神社の摂社である霜神社の御いわれは、遠く紀元前二千五百数年前御本社阿蘇神社の御祭神である、たけいわたつのみことがお始めになり、国土経営の大業成りて、民人に生活の道を教え五穀をうえしめられる。」と、言い伝えられている神社だそうです。

 農は国の本なりと、五穀豊穣と民の安寧を願っての祭事、神事を執り行われていた最中での火災ということで、誠に残念であります。これも、「農は国の礎」という基本的な理念を忘れ、食物の多くを海外に頼りきりな我が國の現状に対する、「警鐘」なのでは、と私などは思ってしまうのです。

 更には、食物を栽培する為の、石油などの鉱物資源も海外に依存し、畜産や酪農をするための飼料の多くも海外、特に米国(アメリカ)や支那(チャイナ、いはゆる中国)に頼っている状況です。

 カロリーベースで40%の食糧自給率と言われていますが、このエネルギーなどの数値も含めて「エネルギー自給率」という観点からみると、もう数%にしか達しない自給率なのではないかと容易に想像がつきます。自分たちが食べるものを、海外に依存しきっている日本が果たして立派な国だと他国に胸を晴れるでしょうか。

 民主党の鳩山首相は「友愛」などという言葉を掲げておりますが、外交では他国に「これからも依存しますよ」と言わんばかりの友愛、環境を大義名分に金だけばら撒く友愛、それに反するように、自らが所有しているブリヂストン株(タイヤメーカー350万株の価値を上げるためだけじゃないか、と疑われてもしょうがない「高速道路の無料化による個人的な企業に対する友愛。

 こんなものは友愛でも何でもなくて、自立出来ていない無能なドラ息子が、親父の会社を継いで好き勝手やっているのと同じことでしょう。あの”岡田屋”ことイオングループ親族の岡田克也氏もそうでしたか。そりゃあ、店舗を支那(チャイナ)に持っていたら、支那共産党(いはゆる中国共産党)の機嫌を損ねるような外交など出来るわけがありません。

 来月10月には「神嘗祭」があります。その年に採れた新穀を天照大神に奉じる祭事です。11月23日は皆様良くご存じの新嘗祭があります。 現状、お金の力でしか自立した姿を表現できない我が國ならば、最低限、生命を繋いで行く為に自らが食す物ぐらい、自分たちの手で賄わねばならないのではないでしょうか。

 霜神社の火焚殿は燃えてしまいましたが、唯物論的に自給率が上がればそれで良いだけではなく、地元区長の男性が仰る様に、こうした自然に感謝・祈祷申し上げる神事・祭事は、絶やすことなく受け継がれてゆかねばならないものだと思います。

 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 環境・資源・エネルギー - ジャンル : 政治・経済

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。