スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

やる気満々民主党!

本当に我が国を沈没させる気な民主党

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif


 皆様、こんばんは!いつもありがとうございます。

 愚痴ばつかりいうエントリーは好きではありません。ですが、ちょっと余りにも体たらく過ぎて、言わねばならない事が沢山ありすぎます。

 もう相手が呆れ果てて議論する力さえなくしてしまう、摩訶不思議な宇宙人パワーを持つご老体の藤井財務大臣ですが、大丈夫でしょうか?いえ、大丈夫じゃないみたいですね。

 産経から引用します。

 各国反応薄い政権交代、“円高容認発言”では弁明 G7で藤井財務相

  【イスタンブール=吉村英輝】トルコでの先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)に出席した藤井裕久財務相は3日、閉幕後の記者会見で、ドル安の進展に関連し「一方的に偏った動きが激しくなれば、それなりの対応をする」と語り、投機的な動きを抑える姿勢を鮮明にした。G7が為替変動に協調して取り組むことを柱に共同声明を採択したことを受けたものだが、会議では自らの“円高容認発言”を弁明。政権交代を印象づけたい思惑は肩すかしを食ったようだ。

 「私の考えが若干誤解されて伝わってしまった」

 藤井氏は会議の席上、為替問題について、まずはこう釈明した。9月の主要20カ国・地域(G20)金融サミット(首脳会合)にも出席した藤井氏は、その後、「意図的な円安政策はとらない」と発言。これが市場に“円高容認”と受け止められ、1ドル=90円を突破した“前科”がある。

 3日の記者会見で「それなりの対応」を強調し、円売りドル買いの市場介入にも含みを持たせたのはこのためで、「為替は安定していることが好ましく、世界経済にとってすべてプラスだ」と念押しした。

 藤井氏はG20で各国財務相らと顔合わせは終えている。ただ、準備作業から新政権ですべてを手がけ、発言時間も十分確保されたG7は、海外に新政権の経済政策を発信する事実上のデビュー戦ともいえた。

 このため「新政権の経済政策をぜひ聞きたいという国も多いはずだ」(同行筋)と判断。会議では細川政権で蔵相を務めた平成6年にG7に参加して以来、「ずっと野党だった」と政権交代を強調した上で、「本格的な政権交代で政策の断絶があってはならない」と説明。その上で「子ども手当」などを通じて内需主導の景気回復を目指す方針を力説した。

 だが、それに対する各国の反応は「特に意見というか、反論はなかった」(藤井氏)という程度だった。各国は景気回復が確実になるまで各国が景気刺激策を続けることでも合意したが、政権交代を果たした日本に対しては「お手並み拝見」を決め込んだ形だ。

 今回のG7では「強いドル」へ踏み込んだ姿勢も示せず、4月の前回G7と同じ内容にとどまった。G7が景気回復の道筋を描き切れない中、藤井氏が会議を主導するには、内需主導型の経済成長という「絵に描いたもち」を実績に変えていく必要がありそうだ。



 引用ここまで。

 あの、「お手並み拝見」といいますか、「拝見するお手並みもない」の間違いではないですか?

 「意図的な円安政策はとらない」
  ↓
 円高容認
  ↓
 為替介入には消極的


 「それなりの対応」
 「為替は安定していることが好ましく、世界経済にとってすべてプラスだ」
  ↓
 円高懸念
  ↓
 為替介入の可能性あり

 こんなの経済があまりわからない人間でも知ってる、当たり前の認識じゃないですか。

 後になつて、「私の考えが若干誤解されて伝わつてしまった」 なんて言い訳しても、「ああそうでしたか!」なんて言つてくれる優しい財務大臣なんて世界にいないのではないでしょうか。

 それと、内需拡大、内需主導と言いますけど、なぜ「子供手当て」が内需を刺激する経済対策なのでしょうか。良く言つて、少子化対策でしょうに。少子化に効果があるかどうかも果てし無く疑問ですが。

 そもそも、親が仕事で安定した収入が得られることが、少子化対策と内需回復には一番重要な事のはずですが、税収の見込みが無く、財源がいつまで確保できるかわからない「子供手当て」が、内需回復の主力経済政策なんて考えているとは、無知すぎて頭が痛くなつてきました。

 「子供手当て」で一時的に助かる家庭も確かにいるでしょうが、その現金のほとんどは結局貯蓄に回るのは目に見えているじゃないですか。キャッシュの流動性を高めなくてはならない時に、またキャッシュが滞留する経済対策なんて、まつたくどうかしています。

 本当に無駄なダムを中止する事は誠に結構な事ですが、単に下流に溜まるだけの無駄なキャッシュを、更にまた上流から流せば下流の人々は溺死してしまいますよ。

 こんな滅茶苦茶な経済対策をしながらモラトリアムを実施しても、大怪我に絆創膏を貼っているようなもので、出血は一向に収まる事はないのでは。どなたか「民主党の経済対策はすばらしい!」事を、わかりやすく説明してくださる、経済通の方がいらつしゃればお聞きしたいです。

 ※【緊急お知らせ!】ご協力お願いします!

 【菅直人・千葉景子】「無法大臣」の信任案または不信任案を提出せよ!
 参照記事:http://dandyroads2.blog95.fc2.com/blog-entry-199.html

 民主党の経済対策は無茶苦茶だ!
 と思ったらクリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 民主党・鳩山政権 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 民主党 子供手当て モラトリアム 内需主導 藤井財務大臣

COMMENTS

私は民主党の政策を全く支持しませんが、円高容認については正しいと思います。
ドルはもう、いつ暴落しても不思議ではありません。
藤井の本心は「基軸通貨の地位を失う運命のドルなど買い支えたくない」という事でしょう。
日本はどんどんお金を刷って内需拡大すべきです。
でも民主党はたいして景気対策をしないでしょうね。
いずれアメリカの代わりに中国の国債を買い始めるのではないでしょうか?

ビンモハマドさま

 支那の国債とは、また更に紙くずのような物を買っても仕方がない事はさすがに民主党でも判っていると・・・は思えませんよね。と言うよりも、あえてそのような自爆コースを進むとなると、なるべく早く民主党政権を崩壊させなければなりません。

 円高に関しましては私も一方的に悪いわけではないと認識しています。しかしながら藤井財務大臣の発言は軽率過ぎて困りますね。公定歩合を引き上げて緩やかに円高へ流れる事が良いのではないかと思っています。その為には同時に大幅な財政出動が必要だと考えています。例えば、一世帯当たり50万以上の給付、または税控除などでしょうか。これぐらいやれば預貯金の流動性が上がり、GDP押上げにも十分な期待が出来るのではと。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。