スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

民主党と橋下氏のバトル!

民主党も橋下氏もどっこいどっこい!?

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif



 みなさま、こんばんは!いつもありがとうございます。

 前も今もそうですが、現在の経済学に関してはいつも「付け焼刃」な知識程度しか持ち合わせてないのですが、民主党の経済政策は悪くなる事があっても、良くなることは奇跡が起きなければ無理だろうということはわかります。(間違っている所があれば指摘ください。)

 古典派、ケインズ、新ケインズやら様々な考え方があるのは承知していますが、結局のところ国家の理念と違って今の市場主義経済においては、ケースバイケースで対応して行かねばならないのが普通の感覚なのではないかと思います。

 (理想論として、私は今の経済(主に金融)自体のシステムを否定していますが、それはまた期を改めて取り上げます。)

 政府が介入しないほうが良い時期もあれば、介入したほうが良い時期もあるわけで、こと消費税に関して端的に言えば、「景気連動型税率」にすれば良いんじゃないかと、素人ながら私は思うのです。景気が良ければ「上げる」、悪ければ「下げる」というふうにです。

 その基準をGDPにするとかどうとかという話ももちろんあるでしょうが、もともと景気に大きく左右されてしまう不安定的財源なのですから、ましてやデフレ下において消費税を増税するなどという論調はある意味自殺行為なのではないかと思います。

 産経から引用します。

 橋下知事が民主の方針転換批判 「赤字国債発行なら大うそつき」 
 http://sankei.jp.msn.com/politics/local/091006/lcl0910061153000-n1.htm

 政府が赤字国債を増発する方針を固めたことを受けて、大阪府の橋下徹知事は6日、「民主党政権の根幹を揺るがすような方針転換だ」と批判し「金が足りないなら赤字国債ではなく、増税議論を進めないといけない」との見解を示した。

 橋下知事は「増税はないと言いながら、赤字国債を発行するのは大衆迎合だ」とし、「赤字国債を発行すれば、大うそつきになる」と民主党を批判。そのうえで、これまでは民主党政権に全面的に協力する考えがあったとしながらも、「赤字国債を発行するのであれば協力は考えられない」との意向を示した。

 また、橋下知事は有権者が民主党政権に求めているのは改革路線と強調し、赤字国債の増発に踏み切れば「有権者が一気に離れる」と指摘。「民主党は政権を取って勘違いしている。非常に残念だ」と述べた。



 引用ここまで。

 橋下氏を全面的に支持していない私ですが、この引用記事の内容に関しては半分以上当たっているので、その通りだと思います。

 もうすでに多くの有志が指摘されているように、もともと国債を発行しないと言って、麻生氏を批判していたのは当の鳩山首相だったのですから、その主張で政権を取ったならば絶対に国債を発行してはなりません。あからさまな公約違反であることは、橋下氏が指摘している通りです。

 そのような批判に対して、「その公約も時間と共に変化して行くものだ」などと鳩山首相は言っているようですが、それを言ってしまったら民主党が自民党の公約違反だと批判していたことに、全くもって説得力がなかったということであり、明らかに国民主権者様である日本国民を騙している事になりませんか。

 政権発足時に「真の国民主権を実現する」と言ったのは、鳩山首相、あなたですよ。それも「時間と共に変わる」のですか?主権者との約束を守らないということは、民主党自身が「主権者」と言っても過言ではなく、まさしく「民主党」と党名で独裁を宣言している通りの政党だということになります。

 となると、民主党が主権者になってしまっているのですから、今の日本国憲法という名の占領憲法に真っ向から違反していますよ。これは委任的独裁ではなく、旧ソヴィエトや支那(いはゆる中国)共産党と同じ、完全独裁状態ですよ。

 占領憲法を「有効」として認めて「占領憲法の改正」を党是としている政党が、その占領憲法すら守る気がないというのはどういうことでしょうか。そもそも憲法を守る気がないなら「憲法改正」など訴える必要は無いはずです。

 「我々民主党が主権者であり憲法だ!」と同時に言えば良いのです。

 (私は、占領憲法は「無効」だと主張しているので、占領憲法を憲法として遵守する気は一切ありません。ですが今は、占領憲法は講和条約の一部としてやむを得ず遵守しています。つまり、日本はまだ米国の占領状態にあるという認識です。事実、日本国内の要所に米軍基地が何箇所もあるのですから当然の事です。)

 ちょっと話がそれてきましたが、上で私が「半分当たっている」と書いているのは、橋下氏の「金が足りないなら赤字国債ではなく、増税議論を進めないといけない」という下りに賛同できないからです。

 冒頭にも書いたとおり、景気が後退している現状で消費税を上げれば、もっと個人消費は落ち込み税収が減る事は小学生の算数程度でわかる話です。

 ましてや、デフレの現状で増税などすれば、デフレスパイラルにもっと拍車をかけることなり、税収が減るどころか今よりも桁違いの赤字国債を発行せざる得なくなるのではないでしょうか。今よりももっと悲惨な状況になるのではないでしょうか。

 世界の経済構造が今のシステムのままであれば、国家財政に関してはミクロではなく、マクロ的な視点で見なければならないと思います。まだ我が國は国民の貯蓄資産があるため、お隣の韓国のように債務国ではなく、債権国として経済が冷えているとはいえ、まだまだかなりマシな状況なのだと思います。(かと言って、雇用問題などあまりにも楽観視できないところは多々あります。)

※【緊急お知らせ!】ご協力お願いします!
 【菅直人・千葉景子】「無法大臣」の信任案または不信任案を提出せよ!
 参照記事:http://dandyroads2.blog95.fc2.com/blog-entry-199.html

 どう考えても民主党のやることは滅茶苦茶だ!と思ったら、
 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 民主党・鳩山政権 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 日本国憲法 占領憲法 民主党 赤字国債

COMMENTS

政策・・

民主党は、反自民の政策ばかり熱心ですね。
自民がらみの ダムの凍結などそうです。

無駄ではなく 自民の息のかかっている予算は凍結が正しく それによって景気がどうなろうと知ったことではありません。

ダムとか工事の凍結で 下請けの建設業者の倒産が増えることでしょう。地方では建設業の割合が非常に高く、公共事業をやらないと生活できない人が多いのです。

生活保護 失業手当をばらまくつもりなんでしょうか?
怠け者を増産したら 日本は終わってしまいます。
仕事の創設を速くやって欲しいです・・・ まあ無理でしょうが

いや、八ッ場に関しては本当に国家的詐欺だと思いますよ。建設着手時の政権は「自社さ」で、鳩山(幹事長)も前原も与党で推進していたのですから。

それを予定にして生計を立てていた建築業の方々もいらっしゃるでしょうから、当然テレビとかでは映りにくい将来的な経済的負担を強いられる業者も出てくるでしょう。

政府が働く所をぶっ潰して、また生活保護などに頼るようでは、まともに働くのが「馬鹿らしい」と思う人が増えて当然だと思いますね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。