スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

千葉景子、最高裁判決無視

独裁的人治国家の民主党

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif



 日テレの何かの番組で丸山弁護士がもつともな事を言ってました。

 「法律を作れば良いってもんじゃない!」と。

 しかし、千葉景子法相はその法の下に裁かれた事すら守れないようです。

 47から引用します。 こういうのを、まさしく独裁的人治国家というんです。

 中国人姉妹に在留特別許可 千葉法相、敗訴確定後は異例
 http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009100901000892.html

 残留孤児の子孫として両親と来日後に在留資格を取り消され、国外退去を命じられた奈良県在住の中国人姉妹に対し、千葉景子法相は9日、在留特別許可を出した。支援団体が明らかにした。姉妹は退去命令取り消し請求訴訟で敗訴が確定しており、敗訴確定後に在留が認められるのは異例だという。

 支援団体によると、姉妹は北浦加奈=本名・焦春柳=さん(21)と、陽子=同・焦春陽=さん(19)でいずれも大学生。

 姉妹は1997年、母親が「中国残留孤児の娘」として、家族で中国から入国。その後、大阪入国管理局が「日本人とのつながりに疑問」として一家の在留資格を取り消し、2003年9月に強制退去を命じられた。

 一家は同年12月、退去処分取り消しを求めて大阪地裁に提訴したが、最高裁で06年、敗訴が確定した。

 両親と来日後に生まれた三女は中国に帰国、大阪府内の高校に通っていた姉妹は日本に残った。西日本入国管理センターへの収容を免れるため、毎月、大阪入管で仮放免の手続きをしていた。

 敗訴確定後に法相が在留特別許可を出した例は、今年3月、両親の違法滞在が発覚し強制退去処分を受けた埼玉県蕨市のフィリピン人、カルデロン・のり子さんのケースがある。



 何も支那人(いはゆる中国人)だから駄目だ、とかそういう話ではありません。何人であっても法を犯していて、三権分立に則つて裁判で結果が確定しているのですから、行政の法相であってもその決定は曲げてはならない、と言いたいのです。

 そもそも、去年の国籍法改正の時に、その改正根拠として昨年の6月の最高裁判決を根拠にしていたはずですが、それを審議する参議院法務委員会において、丸山代議士の発言を遮ってまで国籍法改正案を通過させたのは、千葉景子法相だったはずです。

 

 それを今度は、その最高裁判決をいとも簡単に反故にしてしまった、千葉景子法相。はっきり言って、こんな無法者を国会議員、ましてや法務大臣などにしていること自体、狂つているとしか例えようがありません。

 そして、菅直人。

 一部引用します。

 菅 直人氏の珍妙な憲法論―三権分立とは憲法のどこにも書いていない
 http://blog.livedoor.jp/shugiin08846/archives/51647218.html 

 昨日、全国の市町村長の有志50名が集まって、全国首長交流会が開催され、私も出席して地方分権と国のあり方等について論議をした。

そこへ飛び入りで、菅 直人氏が出席し持論を述べた。
(菅)「日本は官僚内閣制だ。国会内閣制にしなければならない・・・。」
意味不明であるが、官僚が政策をつくるのではなく政治家主導でやるべきだという意味なら、理解出来ないわけでもない。
(菅)「国会は立法機関というが、それより大事なことは、内閣総理大臣を選ぶことだ。三権分立とは、憲法のどこにも書いていない・・・。」
今までこの種の発言はメディア等で知っていたが、直接聞くのは初めてなので率直に言ってびっくりした。
近代国家は、権力者が恣意的に権力を行使しないよう様々な仕組みをつくっているが、その根本が法の支配と三権分立だ。

わが国の憲法
●国民による正当に選挙された代表者が国会議員となり法律をつくる。(前文と第41条)
●法の執行 ― 行政権は内閣に属する。(第65条)
●法の執行が正しかったのか否かの判定、司法権は最高裁判所と下級裁判所に属する。(第76条)
これが、三権分立の近代民主主義国家の基本である。確かに“三権分立”という文字はないが、憲法の各々の条項によって、定められていることをもって三権分立というのだ。

三権分立という民主主義国の基本問題は、高校生でも知っていることだ。全国から集まった市町村長もさすがにうんざりした顔だった。



 引用ここまで。

 菅直人よ、

 5az_bor.jpg

 貴方が言っていることは、

 法律に「人を殺してはならない」とは書いてないのだから、
 殺しても良いのだ!


 と言っている事と同じ論理だ。

 確かに刑法第199条には、「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。」と書いているだけで、処罰はされるが殺してはならないなどという禁止規定は無い。

 しかし、上記に引用した土屋氏が解説している通り、「三権分立」という言葉の意味は憲法を含めた総合的な法解釈の元に確立されている概念であって、「三権分立」と明文化されていなくてもなんら問題は無いのです。

 これは、刑法も同じことで「人を殺してはならない」とは書いていないが、殺した場合の罰則規定を一々設けることで、暗にむやみやたらに殺してはならないと訴えているのです。違う意味からいえば、余程の理由が無い限り「人を殺してはならない」という、ごくごく当たり前の事は刑法や法律にして、ワザワザ書く必要は無い、ということです。

 これが人間の基本的な「倫理観」の一つであつて、いかなる憲法よりも上位に位置する「根本規範」なのです。

 よく、「法律で何でも解決する」などと思い込んでいる人がいますね。成分法絶対主義といいますか、そのような考え方です。それはまつたく持って規範精神が欠落している考え方で、言い方を変えれば、「法律が無いと何も解決出来ない人間」なのですから、まったく「協調性が無い人間」ということです。
 
 となると、真つ当な人格形成をするのに何が重要となつてくるのかを考えると、やはり「教育」がしつかりしていないと駄目だという事になりますよね。

 ・・・

 また話が脱線して来ましたのでここで元に戻ります。

 菅直人は、「法に書いていないからやっても良いんだ」と言う。

 そして、千葉景子は「法によって裁かれても無視すれば良いんだ」と言う。

 と言うことは、国会(立法府)で法律を制定しても、大臣(行政府)でいくらでも反故にしても良い、という事になりますから、国会議員自体が「無駄」な存在となるので、民主党が訴えるように無駄の撲滅対象は全国会議員と言うことになりますね。

 菅直人 = 脱法者

 千葉景子 = 無法者

 今、最強の無法者たちが日本の政治を担っています。

 良いのですか、このままで?


 ※【緊急お知らせ!】ご協力お願いします!
 【菅直人・千葉景子】「無法大臣」の信任案または不信任案を提出せよ!
 参照記事:http://dandyroads2.blog95.fc2.com/blog-entry-199.html

 どう考えても民主党のやることは滅茶苦茶だ!と思ったら、
 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 民主党・鳩山政権 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 日本国憲法 占領憲法 民主党 最高裁 国籍法

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。