スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

憲法を語る以前の問題

憲法を語る以前の問題

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif


 みなさま、こんばんは!いよいよ寒くなって参りましたが、もうお鍋の準備は出来ていますか?鍋はウィルス感染予防に効果的な湿度を保ちながら、心も体も温まるという一石二鳥以上の食べ方です。ワクチンで対策する前に、まず自らの免疫力を高める自助努力をしましょう。

 さて、最近は非常に忙しく、中々更新もままならない状況なのですが、少しいのししさんの所へお邪魔して議論と言いますか(議論になってない)、意見交換を久しぶりにサヨクらしき人とさせて頂きました。

 蛇足ですが、私は基本的には漢字で「左翼」と書くときと、カタカナで「サヨク」と書くときとを区別しています。その区別とは単純な理由で、そもそも日本の國體(こくたい)を認めるか認めないか、という違いだけです。國體を認めた上で、リベラル寄りな陣営に対して「左翼」という漢字を使います。ですから、同じ響きでもその内容はまったく違うものと評価しているということです。(しかし、現在の我が國で「左翼」と呼べる者はほとんどいませんが。。。)

 そのサヨクらしき人物と少しやり取りをした中で、私は最後にあえてこのように聞き返しました。

 http://blogs.yahoo.co.jp/inosisi650/57818720.htmlより

 jos*u*2j*n200*さん

 人は自分自身のためだけに生きているならば、「国」という統治体制は必要ない何者にも縛られない本当の自由人なのですから、国家主権とか国民主権などという「主権」の概念すら必要ありません。どうぞ誰にも縛られないお好きな所で自給自足でお一人でお暮らし下さい。それはそれで私は素晴らしい事だと思いますよ。ぜひどうぞ。

 貴方は占領憲法は押し付けだけれども守ると仰っていますが、私は私の価値観を貴方に押し付けることはありませんし、例えばですが、貴方が穴倉に一人でお住まいになられる事を私は力ずくで止めたりなどたしませんのでご安心下さい。

>「自分が幸せに生きる為には、隣人も幸せでなければならない」

ですから、教育勅語はその通りの事が書いてありますでしょ。

 自分が幸せになるために、両親が子供の幸せを願うように、まず、自分の周りから幸せにしてあげましょうよ。両親、兄弟、家族、友人、会社の先輩後輩、地域社会、わが祖国・・・これをどんどん広げて行って、余力があれば迷惑にならない程度に色々な国の人々の幸せに貢献しましょうよ。隣国の方々は隣国内でまた色々と議論なされればよろしいじゃないですか。まさか、会った事もない人を幸せにするために、自分の家族や友人、知り合いを不幸にする人はあまり居られないと私は思いますよ。

 知識をひけらかす必要のない、難しいお話など必要ない簡単な話でしょう?違いますか?



 この書き込みをしてからサヨクからまったく返信が無くなったので、これ以上意見交換は進展しなかった訳ですが、ここまで書いた私にはもう次に書く内容が思いつきません。これ以上もこれ以下の無い、皆様が「当たり前」に思っている事、わざわざ口に出して言う事でも無いことを私は書いているからです。

 このサヨクの方は、戦前がどうだとか戦後がどうだとか、帝國憲法がどうだとか占領憲法がどうだとか、キリスト教という一神教の理念に基づいて一生懸命私に説明してくれるのですが、そもそも占領憲法を有效と認めて、完全なる「個人主義」に基づくならば、なぜ私に「理解してください。」と同意を求めるのでしょうか。

 家族や社会との共助を否定し、完全なる個人主義を求めるならば、私に理解を求める必要も無ければ、私に自分の考え方を「理解させようとする」事すら必要ありませんし、そもそも、理解させようとしている己自身が個人主義に違反している事になります。

 つまり、個人主義を最大限尊重しなければならないのならば、永遠に自分だけの心中で思っていなければ、個人主義という概念自体が成り立ちません。

 ご自身の「個人主義を最大限に尊重しろ!」と言うのならば、逆に私の「個人主義」も尊重して頂かねばならないのは自明の事であり、個人主義に基づいて「理解してください」などと言って他人に同意を求めること自体がすでに論理破綻しているのです。

 ですから、個人主義に基づいて誰かの批判をする事は許されたとしても、それによって他の者(物)を拘束させる力は全くありません。

 よって、この論理に基づいて憲法論を展開するならば、個人主義を最大限尊重する占領憲法の有效論では、赤の他人であるはずの帝國憲法そのものを無效化する效力は一切無い、ということになります。

 さらには、個人主義を推進する占領憲法によって、個人がその憲法の束縛を受ける事自体も、論理破綻であります。

 結論としては、

 「貴方は個人主義者なんでしょ?だったら、自分の事だけ考えていれば良いんですから、他人のことは放っておいて下さいよ。」

 という、たったこれだけの事です。

 戦後から今もそうですが、占領憲法を有效として既得権益を守ろうと必死な「憲法学者」という「専門家」は、簡単な理屈であるはずの憲法を、さも専門的な知識が無ければ語れないなどというイメージを一般國民に植え付け、自分たちの解釈を押し付けようとする単なる獨裁者(全体主義者)であると言うことです。

 憲法よりも大事なものがある事すら認識出来ていない者に憲法を語る資格はありませんし、常識(本能)を理解、もしくは認識していない方との憲法論(法、論理)はどこまでも平行線となるため、最終的にはお互い思想の差異を確認するだけで終わってしまうものです。

 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 日本国憲法は無効です! - ジャンル : 政治・経済

Tag : 大日本帝国憲法 日本国憲法 占領憲法

COMMENTS

帝国憲法に早く戻ろう

こんばんは  一連の憲法につぃての力作を拝読しました。  
初めてコメントさせていただきます。

衆知のようにGHQにより国際法違反で共産主義者起草の現行憲法下では 国の経営や国防や振る舞いがことごとく制限されてきました。(吉田学校系の首脳政治家達の無力が悔やまれます。)
そして六十余年後 このような体たらくになってしまいまもなく日本消滅かとさえ懸念されています。
日本国首相が隣国におびえて反論はおろか意見さえ言えないという有様です。
また初冬には与党は国会を早々に打ち切って大朝貢団を共産国へ進発させようとしています。日本をひいきしてくれていた国々もビックリ仰天でしょう。

danndyさんのおっしゃるように帝国憲法に戻し 維新の建国の志を思い起こし改めて再出発するしか日本は生き残ることは出来ないと思います。
このまま現行憲法をズルズル継続し東京裁判史観と捏造の「南京事件」「従軍XX」を連綿と踏襲するばかりでは なにをやっても砂の上に屋上屋を積もうとするようなもので 亡国への最短距離を突っ走る事になりそうです。
 

おはようございます。

正夢さま

 コメントありがとうございます。

 まさしく正夢さま仰る通りで、「砂の上に屋上屋を積もうとするようなもの」という表現は、誠に言い得て妙ですね。

 占領憲法の護持は亡国への最短距離ですが、占領憲法の無効確認、つまり、帝國憲法を護持するという「真正護憲論」は、救国への最短距離であると確信しています。

 これであらゆる悪法案を一網打尽に出来ることでしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。