スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

サーバリックス問題について

サーバリックス問題について

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif


 またまたご無沙汰しています。

 最近、公私ともに多忙でして、ブログを落ち着いて"書く"時間も無いやうな状態です。

 さて本題に入る前にですが、前々から当ブログでは、政治・経済のみならず、食に関する問題、医療に関する問題など、様々なテーマを「広く浅く」取り上げて参りました。

 肉などはあまり多量に食べるべきではない、というごく一般的な発言をしただけで、「どこぞの宗教か?」などと言われた事もあります。

 確かに、私個人の信条・心情として、マクドナルドや吉野家などのファーストフードは基本的にはあまり食べないやうに心がけております。

 がしかし、それは宗教云々で避けているわけではなく、我が国の食料自給問題の観点から、輸入肉をはじめ輸入食材を出来る限り避け、国産の肉や野菜、魚などを食そうとまず家庭内から「実践」しているわけでして、妙な宗教を信じているからでは有りません。信仰施設として神社が有れば十分です。

 そして、昨今は環境問題が盛んに語られていますが、環境問題を語るならなぜ同時に「食」の問題を誰も語らないのか不思議に思えてなりません。

 確かに、電気自動車・太陽光発電・リサイクル処理などで、直接的にCO2の排出を抑えようという取り組みがなされていることがすべて悪い事という話ではありませんが、結局の所、企業や国がCO2を金で売買するという「排出権ビジネス」という金融商売がメインで有る事は、鳩山由紀夫前総理が国際機構変動サミットで「我が国は25%削減を目標とする」と発言し、拍手喝さいを受けた事で良く分かりました。

 要するに、発展途上国やその他の国々が、自主的にCO2の排出を削減出来ない場合は、それを我が国が金で買い取り目標を達成した事にしませう、と単に「金をバラマキますよ!日本は!」と宣言しただけなのです。それが国際公約となつてしまつているのです。

 そして、なぜ「食」の問題が重要なのか。当ブログを昔からご覧頂いている方なら察しがつくと思ひますが、資源エネルギー問題と直結しているです。

 詳しい解説をすると長くなるので当ブログの過去記事を見て頂くか、検索などして御調べ頂きたいのですが、我が国は世界でも有数の海洋国家と言われていますが、食に関して言うと「世界各国から大量の水を輸入している国」なのです。("バーチャルウォーター"で検索すれば詳細がわかります。)

 端的に言うと、肉を食べるには牛を育てなくてはなりません。牛を育てるには、人間が食べる穀物の約十倍以上の飼料が必要です。その飼料を育てる為に大量の水と肥料(ここで言う肥料とは鉱物資源を原料とした化学肥料も含む)、農作機械や輸送する為のエネルギー(主に石油)が必要になります。

 バイオエタノールの主な原料と注目されているトウモロコシは、家畜の飼料としても大量に必要ですが、これらを栽培する為に結局大量の水と石油が必要であり、米国のカンザス州やネブラスカ州などでは大量に地下水を汲み上げる事による干ばつが発生し、生産に多大な影響が出ていると言われています。

輸入された肉類だけに限つた話ではありませんが、それだけ輸入食材に頼つた食生活と言ふのは、エコとはかけ離れた食生活であり、水だけでなく資源・エネルギーを大量に外國へ依存しきつている状態なのですから、国家の自立を著しく阻害する偏つた食の"スタイル"なのです。

 鳩山前政権時は、マスコミの偏つた報道の甲斐もあつてか普天間の基地移設問題ばかりがクローズUPされたいました。

 「我が国に他国の軍隊の基地はいらない!出ていけ!」

 「沖縄に負担を押し付けるな!」

 気持ちは分かります。私も自分の近くに他国の基地が有れば当然良い気分ではありませんし、願わくば一刻も早くお引き取り願いたいことろです。米国(アメリカ)嫌いの気持ちも分からなくもありません。

 しかし、それを本気で言うならば、なぜ日本国民の生命と財産を護る為に必要な「国防の議論」を疎かにするのか。そして、なぜ食べ物は米国や他国に依存したままで良いのか。

 これは嫌、あれも嫌、だけど食糧は「ギブミー!」では何の説得力も有りません。

 「もう日本には食料も資源も一切輸入しません。」と言われれば、兵糧攻めを受けているに等しく、純粋に国内エネルギーだけで生産出来ている主食穀物が自給率100%に到底満たない我が国の国民は、たとえ戦争が無くても餓死するしかありません。

 植物はすぐには生えません。これでどのやうに我が国と国民を護ると言ふのでせうか。

 だから政治家は、「頭が賢いだけでなく、自立国家としてのしっかりとした理想と理念」が無くては駄目なのです。

 この根幹・基軸・基本が無い、頭だけが賢いだけ(と言ふかずる賢い)の政治家が考える法案・政策は、目先のニンジンを国民にぶら下げて「これをすれば今の貴方の個人の生活は安心です!」と喧伝する単なる詐欺師と言つても過言では有りません。その自覚が無く大衆迎合している政治家も同類です。

 結局なところ自然環境に厳しいのは、我々人類の「臭いものに蓋をする」「病気が発生したら薬を大量に投与するだけで、原因の治療をしない」という行為なのではないでせうか。個々で今すぐ出来ない事もあるでせうが、出来る事からはじめる事が「世界の平和と安定を保守する、我が国を保守する」という事に繋がつて行くものだと思ふのですが、いかがでせうか。

 そして、本題の「サーバリック」というワクチンの話に移りたいと思ひます。

 今、民主党・自民党を中心に、一部の政治家からこのサーバリックスと言ふワクチンを10歳以上の女性に接種させることを義務化させようとする動きがあるようです。

 結論から言えば「大反対」です。その理由は以下の通りです。

 このサーバリックという薬は、女性特有の病気である子宮頚がんを予防する為に開発されたワクチンです。

 現在のところ、10歳以上の女性対象で、一回(最初の接種から1ヶ月後、6ヶ月後の計3回)の接種に約4~5万円の費用が必要ですが、予防接種としては義務化されておらず単なる自己予防行為として位置づけられており、一部では助成制度が進められているやうですが、基本的にはまだ公的保険の適用外となつている為、我が国ではまだ一般的に広まっていません。

 (欧米ではサーバリックではなく「ガーダシル」と呼ばれているワクチンが広く使われているやうです。)

 我が國におひて子宮系のがんに罹患する人は年間約17500人程度で、そのうち子宮頸がんは約8500人で、子宮体がんは約8200人、残るは部位が特定できない子宮がんとなつています。
 http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/cervix_uteri.html

 そして、子宮頸がんに罹る大半の原因として、ヒトパピローマウイルス(Human Papillomavirus:HPV)の感染が、関連しているとされています。そのウイルスが感染する経路として性交渉によつて感染するものだといわれていますが、性交渉の頻度に関係なく多くの女性が一度は感染している率が高いそうです。感染した回数よりも、そのウイルスが体内に存在し続ける期間が長ければ長いほど、子宮頸がんを発症する率が高いようです。

 しかし、殆どの場合は自己免疫力で排除されている事で、がんにまで発展することも無く、症状も現れることも無くその感染に気づかない事が大半のようです。その逆を言えば、自己免疫力が低下している女性が発症しやすいともいえるのかもしれません。
 http://ganjoho.ncc.go.jp/public/pre_scr/prevention/cervix_uteri.html

 ならば、前もつてHPVに感染しても、発症しないようにしてしまおうと言ふのが、サーバリックスと言ふ名のワクチンの目的です。しかし、ワクチンと言えば何か安全で安心なものだととのイメージを抱きそうですが、どうもこのサーバリックスはまだまだ不明瞭な事が多いようです。

 民主党、小沢一郎前幹事長に対する、サーバリックス公的助成に関する要望書(PDF)
 http://www.jsog.or.jp/news/pdf/HPVvaccine_20100514.pdf

 問題は、このサーバリックスと言ふワクチンに含まれている「アジュバンド」と言ふ成分が男女問わず「不妊化」を引き起こすのではないのか?と言われているのです。

 その理由が、アジュバンドの成分の一つである、「ポリソルベート80」という物質が、不妊化を引き起こすのではないか、という指摘があるようです。海外で雌のネズミを使つた実験でその可能性を指摘している研究機関も存在するようです。
 http://enjyunokinositade.blog21.fc2.com/blog-entry-139.html
 http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%8880
 
 ポリソルベート80は我々の日常生活においても広く使用されている物質で、上記リンク先でも示されているやうに、化粧水やジェル、ミルクローション、クレンジングオイル、リキッドファンデーション、ボディスプレーなどの、女性が特に気にするお肌のケア用品や、他には注射剤やドリンク剤にも添加されているようです。

 仮に、0.0001ミリグラム、ほんの少しの量だけでも不妊化の危険性があるのならば、生活用品や食品、薬品などでポリソルベート80が使われている物は、即刻すべて排除しなければならなくなるでせう。はたまた、昨今の不妊化の原因はこれら日常的に使われているポリソルベートが原因ではないか、との認識を今にも生み出しそうです。

 アジュバンドと言ふ成分自体は「抗原性補強剤」にしか過ぎないそうです。つまり、不活性化したウイルスを体内へ注射などで注入したときに、身体の免疫反応を高めるための補助をする物質であり、アジュバンド自体が即「不妊化」するという事はまだ断定出来る段階ではないようで、アジュバンドに含まれているポリソルベート80の含有量によっても、その副作用效果の具合は変わつてくるのではないかと考えられます。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%88

 (特に、最新型の「AS04」という油性アジュバンド自体に発がん性がある、という指摘も存在するようですので、更に研究と実証をまだまだ積み重ねて行く必要があると思われます。)

 例えば、人間の受精卵には、体細胞に見られない特殊はたんぱく質を含有しているといわれていますが、この特殊たんぱく質をアジュバンドと一緒に体内へ注射した場合は、ヒトは通常の免疫反応通りに特殊たんぱく質を「自己のDNAと合致しない異物」として認識しますから、当然免疫細胞がこれらを体外へ排出しようとします。この方法なら高い確率で免疫細胞によつて受精卵の細胞膜を破壊することが出来、早産または流産を引き起こす可能性があると言えそうです。
 http://www.bio.nagoya-u.ac.jp/seminar/z1.html

 カナダなど一部の國では、アジュバンドの危険性を考慮して、非アジュバンドのワクチン接種を勧めている所もあるようです。そのような様々な情報と研究を今後積み重ねた上で冷静な判断をして頂きたいと思ひます。

 他の問題点ですが、子宮頸がんの原因ウイルスであるHPV(ヒトパピローマウイルス)の「型」は現在で分かつているだけで約200種類も存在しており、その中でも発がん性の高いものは15種類だといわれています。 現在主流として使われているサーバリックスは、その15種類の発がん性ウイルスの中でも「16型」と「18型」に效果が集中されているものです。

 我が國女性の感染割合は、「16型、18型」50%~60%、「52型、58型」30%~40%であるといわれておりますので、不妊の可能性が拭えていない状況におひて、16型・18型にしか高い効果を発揮しないワクチンを我が國の全ての女性に対して接種を義務化させ、アナフィラキシー様症状を始めとした数々の副作用リスクを負わせることには賛成しかねます。

 そして、そもそもワクチンが開発されたからと言つて、今後さまざまな病気に対応したワクチンを國民に義務化して接種させるという事に、強い不快感を感じざる得ません。そんな事が慣例化すれば、年中あらゆるワクチンを接種しなくてはならなくなり、一体その財源はどこから出すのかと。

 将来の医療費を抑制するためだと言つて、ありとあらゆるワクチン接種を容認して行けば、結局予防措置を講じるために税金や社会保障費をさらに上げざる得なくなるでしょう。病気を発症しない人も含めてすべて接種するのですから結果は同じことです。

 科学理論はすべて仮説・仮定から始まり、実験と研究の積み重ねによつて安全性を証明するモノとはとはいえ、科学で解明しきれないモノが未だに多く存在することも事実なのですから、100%安全なワクチン、薬品などは当然存在しない事を論を待ちません。

 上述した通り含有量の兼ね合いもあるのかも知れませんので、徹底的な医学的検証がなされた上で、安全なワクチン接種であるかどうか、その情報を出来る限り公表してゆく事から始めなければならない段階だと思ひますので、拙速なワクチン義務化は明らかに時期尚早だと考えます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 健康生活:病気・治療法 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

Tag : 子宮頸がん サーバリックス アジュバンド ポリソルベート80 不妊 発がん性 ワクチン

COMMENTS

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

NoTitle

不妊効果についてはデマである疑念が出てきました

http://antiui.iza.ne.jp/blog/entry/1730833/

NoTitle

 そもそもの論点の前提として、「絶対に不妊效果は無い」ことと、「絶対に不妊效果がある」という証明は、現時点では両方絶対無理な話です。

 それに、10代に接種して、20代適齢期に不妊であると発覚したとしても、その因果関係をどのように立証するのかという基本的な問に誰も答えられないでしょう。

 はっきり言って、この段階で「絶対不妊なる」と訴える側、「不妊になるのはデマ」だと訴える側、両方とも説得力が無いということです。

 専門的な知識をお持ちでない方でも、まともな思考回路の持ち主ならば大半の人はそう思うでしょう。

 不妊效果について、記事でも申しております通り、まず専門研究機関での検証を重ね、すべてのどんなリスクがあるのか情報を隠さず明確に開示することが重要だということです。

 不妊效果がデマであるとするならば、その立証責任と保障は義務化を強制する政府側が追うことになります。國民の疑問や不安に対して真摯に向き合わねばならない事は言うまでもありません。

 リスクを承知でそれでもワクチン接種を望みたいと言ふ方の「生き方」まで強制は出来ないと同時に、その反対である、「接種されたくない側」もそれは同様の事です。

 しかしながら、義務化となれば望まなくとも接種せざる得ない状況になります。

 となると、子宮頸がんだけでよいのか?という意見も当然出てきますでしょう。子宮頸がんだけが防げればそれでよいのか?他のウイルス性疾患についてはどうなのか?このやうな議論が出てくるのは間違いなく、一つ一つを義務化してゆけばそれはそれは数多くのワクチンを今後義務化してゆかねばならぬでしょうし、膨大な予算はどうするのか、という問題も当然でます。

 また、予防医学と言うものは現段階ではどれほどの效果があるのかまだまだ研究不足であり未知数と言う医師のご意見も根強くあることも事実です。統計としてどれだけの予防効果があるかどうかも分からないまま、闇雲に理屈だけの製薬会社の宣伝に乗つて義務化をする事は、日本国民が実験台にされることになると言つても過言ではないでしょう。

 そして、安易に「ワクチンを打てばもう大丈夫だ」という風潮は逆に病気に対する警戒心を緩める結果になるのではないかと、私は思います。

 よって、不妊效果があろうがなかろうが、安易なワクチンの義務化には反対の立場であることに変わりはありません。

不妊なる、とか、ならない、とか

ダンディさま
おはようございます。

最初に私も、もし、このワクチンが義務化になるという方向ならば反対の立場であることは先に申し上げておきます。公費にするにしても、どこまでどのように何に対して、などなど様々に議論するべき課題があるように思います。そうなるとダンディさまも仰いのとおり、この子宮けいがんワクチンだけを議論して他の病気に対してはどうするんだ、と必ず新たな疑問や問題もあることでしょう。
(高校無償化問題みたいになりますね。先日の朝生では大学も無償化になんて話しも出てましたから(怒)同じような展開が考えられますからね。そう考えるととんでもない拙速な展開ですよね!)

そして今問題になっております本題の不妊云々の件ですね・・・
私は専門的な難しいことは分かりませんが、ただいろいろと拝見するなかで感じたこと、またダンディさまのこの点の御指摘に少し違和感を感じました。m(__)m

誰が、絶対に不妊にならないと断言したのですか?私はまだそのようなレスは拝見してませんでしたので。
南出弁護士と国體護持塾さまから、絶対に不妊なるという言い方で断言し発表したものを緊急拡散したのは分かりますが、今のところ私は前者のような発言での発表を拡散し流布している方を知りませんので、ダンディさまが書かれている以上知っているのであれば出典を知りたいのですが?

ただ南出弁護士と国體護持塾の拡散に疑問を持ち、それに対して不妊になるという確証は今のところ断定出来てないにも拘わらず、という前提での反論などはネット上で拝見しております。

発端である、南出弁護士のそのような発言を一部で煽り拡散したわけですから筋として、まずは、疑問や質問に対して真摯に答えるべきは南出弁護士や国體護持塾さまだと思います。危険の可能性を訴えるものなら未だしも、断言して発表している以上は断言するだけの何らかの資料や根拠となるものをお持ちと思われて当然です、しかも弁護士ですからね、いい加減な発言をする筈がないと、残念ながら思考停止になっていた方も知っております・・

普通に突っ込まれて当然の内容かと思います。そして??なのが、拙速に不妊云々を断言し反対意見として全面に出してきた意味にも違和感がありますが・・義務化や公費の部分での反対を強調し意見を促しながら、まだ危険の可能性として訴えるならば、まだ、まだ理解は出来るんですがね・・
このあたりは質問などに対して変な言い訳屁理屈で取り繕うことなく真摯に向き合うべきと思います。

(ダンディさまは南出弁護士や国體護持塾さまなど近いはずですね?擁護したくなる気持ちは心情的には分かりますが、)

誰かが、絶対に不妊にならないなど言ったような妄想なのか勝手な解釈なのか、先に申したように現に出典があれば知りたいですが、誤解をまねく説明は如何と思います。絶対不妊になるという確証が現時点で、ないのに、絶対不妊になると断言し流布してることに対して反論がされていることを理解したほうがいいと思います。
なぜデマなのかと言われる意味が理解できないはずはないと思う・・
永久に、完全に、不妊になる、と言ったんですよ?危険の可能性を促す内容だけとは全く別ですからね。アジュバンドの件も間違って理解されていたのではなかったでしょうか?
それについての疑問や質問に真摯に答えず説明できないのではデマと揶揄されても仕方ないことではありませんか。

まあ、ダンディさまが流布したことではないのですが、コメントを読ませて頂いて思わず失礼をさせていただきました。m(__)m有難うございました。

NoTitle

jラブ さま

コメント有難うございます。

>誰が、絶対に不妊にならないと断言したのですか?

これは、HN未記入(以降、「名無し」)の方が書かれた「不妊効果についてはデマである疑念が出てきました 」について指摘をさせて頂きました。

不妊效果はデマ=不妊效果は無い、と、あたかも不妊效果が無いかのような印象を与える表現をした上で、その疑念が出てきた、と書かれたのでそれに対応した反論です。

ご紹介のサイトのトップや、ブログの最後の方に管理人殿が書かれておられるとおり、不妊效果が無いとの表現は書かれておらず、少なくとも「”完全”不妊化」という表現で流布している事が問題であると指摘されている訳でして、現時点で「完全不妊化」に説得力を持たせるだけの根拠は見当たらない、と述べておられます。

ですから、「完全不妊化についてはデマである疑念が出てきました」とご紹介してくだされば、該当ブログ主の主張の通りですが、「不妊效果がデマである疑念が出てきました」との表現で紹介されるのは近いようで誤りです。

誠に細かい話で恐縮ですが、重要なポイントなのであえて細かく指摘させて頂きました。

そして、拙エントリーもよくお読み頂いたら分かりますが、サーバリックスに関しては、ご紹介いただいたブログ主と近い考え方であります。

それに、すこし前からすでにご紹介のブログは拝見済みでした。

拙ブログが分かりにくい表現になってしまっていたのならば、申し訳ございません。

それと、確かに私は南出弁護士と何回もお会いしておりますし、憲法論においては同氏が従来より主張されておられる「講和条約説」を現在でも変わらず断固支持しております。それは過去記事を見て頂ければお分かり頂けると思います。

(KABUなるものが、「高卒だから」どうとか言ってサーバリックスとは関係の無い憲法論を持ち出して人格攻撃をしているようです。憲法論に関しては、どれだけ専門的な知識をひけらかして、「正しいことを言ってそうだ」といわんばかりに文字を羅列したところで、明らかKABUらのような「八月革命説」支持者が論理破綻しているのは明白で、論理で敵わないと分かると今度は今回のサーバリックス提言の揚げ足取りをして、ついでに憲法論批判を展開しているようです。実に姑息な輩です。)

しかしながら、このサーバリックスの件に関しての私の意見は、南出弁護士の最初の主張表現とは真っ向から反する表現と受け止める事も可能ですから、擁護どころかむしろ反論されていると受け止められていらっしゃるのではないでしょうか。

それは百も承知の上で、義務化に関して強く反対であるとの内容で、あえて記事を書かせて頂いた次第です。

私は、過去記事においてもタミフルの件を取り上げていたように、従来より医療関連の記事も書いておりまして、独自の視点で記事を書いております。近いからという理由でサーバリックスの件を取り上げているわけでもなければ、最初から擁護するとかしないとかという情緒に流されて記事を書いているわけでは無いことをご理解頂きたく存じます。

一応、念のために

ダンディさま
 こんばんは。

(大事な御時間に、ご丁寧にコメントをしてくださって有難うございました。。。)

いやところで、とりあえず一応確認まで、ですが、

>ご紹介、

云々と仰っているサイトのことですが、
誰かがダンディさまのコメント欄でご紹介している「antiui」さまのブログのことですよね?

もしかして勘違いなさっているかと思いまして?!?一応言っておきますが、コメント欄に紹介したHN未記入は私ではありませんよ。(・・;)

もちろん、antiuiさまのブログは私も存じ上げておりますし、多少のやり取りもさせていただいております。。。


(あと!!ちなみに一応言っておきますが、KABUなる方とは、コメントは確かに拝見致しましたが、私は関係ないですしやり取りもないですよ。
難しいことなど未だ未だ分かりませんが、むしろ憲法無効論の事では南出弁護士にはガンバって戴きたい!と陰ながら思っているんですよ~

だからこそ今回の件では残念な部分が、、、デスネ、、
あとやっぱり批判に対し強気で向かうのは悪くはないですが対応に傲慢な部分が見受けられますので・・m(__)m)


また、ダンディさまのブログも以前から存じ上げておりましたので時々閲覧させていただいておりましたm(__)m。。。(ある時期から、憲法無効論専門ブログみたいに変わりましたね~)

最初のころは憲法の記事は長くて内容も私のような勉強不足の素人が理解しながら読ませて戴くには難しくて大変根気が必要でしたが、でも結構興味深く読ませて戴いておりました、はい・・。。。
(未だ未だですが最初のころよりは読む力も鍛えられたかも?ですw)

あ、そうですね。ついでに申し上げると、ダンディさまのサーバリックスの記事は選挙前に既に拝読させていただいておりました。

この件で確かに、antiuiさまと意見が近いというのはわかっておりますが、記事アップから時間の経過もありますし、、、、、
多少何か感情的な面で複雑なものもおありでしょうから??なんていう勝手な推測ですがねm(__)m感じてしまう部分もありまして、、、

今回のコメント欄では、(今回の件では私もその1人ですが、南出弁護士への批判もありますから)少し庇いたい心情もあるのかなと、コメント中の文言の一部分から私なり感じたということでしたm(__)m

とりあえず、おかげで?と言ってはなんですが、が、ダンディさまのスタンスを改めて確認できたようで、この部分に関してはホッといたしましたm(__)m

余計な御世話を申し上げるようで恐縮ですが…南出弁護士に近い間柄のダンディさまが他の方々とは違い冷静で慎重に情緒に流されず捉えられていて良かったと思います。

妙な雰囲気が増長されないためにも、せっかく近い距離にあるわけですから出来れば面と向かって反論も出来る状況や環境だといいんでしょうけどね・・・


 また勝手なコメントをさせていただきましたm(__)m。。拙い表現ゆえに、気分を害される部分がございましたら申し訳ありません・・・悪気はナイですよ♪

 有難うございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。