FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

チャイナの日本侵略進行中

経済・文化交流は単なる外交カード

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif



「強い報復措置とる」 中国人船長勾留延長で中国外務省

「中日関係に深刻な影響を及ぼす。中国側は船長を直ちに無条件で釈放することを求める。日本がかたくなに過ちを重ねれば、強い報復措置をとる。その結果はすべて日本側が負う」

「中国人民は平和を愛しているが、妥協と譲歩で平和を交換することはあり得ない」



 支那軍事科学学会副秘書長、羅援少将の「中国人民は平和を愛しているが、妥協と譲歩で平和を交換することはあり得ない」などとする発言は、國家の安定を図る上で基本的な事を言っているに過ぎないが、それは「日本の台詞だろう」と多くの日本臣民が思ったに違いない。

 今更驚くほどの事ではないが、経済と文化交流は政治とは別問題だと、お花畑のような事を言う方がやはり非常に多い様です。来月10月の9、10日に上海で予定されていた「SMAP」のコンサートも、主催者側の意向でチケット販売中止となり、コンサート自体が行われない可能性もでてきた。

 歴史をたどれば、キリスト教の伝来や欧米文化の流入等をきっかけに、様々な分野で国交が活性化されていることは悪いことではないが、それは常に「他国を隷属させて支配下に置くため」の外交カードに利用されてきたことが事実ではないか。

 必要最小限の関わり合いに止めておけば良いものを、相手国に依存せざるえない状況にまで経済を拡大することで、國家の安全を著しく脅かしている事を、このチャイナという悪い見本で我の國臣民は再認識せねばならないだろう。

 出来ることならば、支那の工作員出先機関である民主党を始めとした反日議員、創価学会なども一緒に本国(支那)へお帰り頂ける事を切に願うばかりである。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 尖閣諸島問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 支那 チャイナ 尖閣 SMAP

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。