スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

我が国を壊す即増税路線

財務省官僚政治の強化

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif



 昨今は「我が国には、総理になれる人材が居ない」といわれていますが、せめて「こっちとこっちだと、どっちがマシだ!?」という判断力は捨ててはならない、と思います。民主党政権を打倒し政界再編を望むのは当然としても、何をしても法律上民主党が政権与党であることは変えようのない事実なのですから。

 ~産経より引用~

 民主代表選、本格化 野田財務相がきょう午後にも出馬表明 
2011.8.9 06:40
 野田佳彦財務相(54)は9日午後、菅直人首相の後継を決める民主党代表選に出馬する意向を固めたことを表明し支援を要請するため、自身のグループ会合に出席する。

 有力候補と見られてきた野田氏が名乗りを上げることで「ポスト菅レース」が本格化する見通し。野田氏は財政規律を重視する姿勢を堅持しており、増税路線に反対する党内最大勢力の小沢一郎元代表グループの支持が得られるかどうかが焦点となりそうだ。

 野田氏はグループ会合で、近く発売の月刊誌に寄せた「私の政権構想」と題する論文を配布。財政規律の重要性や、外交、安保政策で日米同盟を基軸とする考え方を示し、自らへの支持を呼び掛ける考えだ。

 党代表選では馬淵澄夫前国土交通相(50)、小沢鋭仁元環境相(57)が出馬に意欲を表明。鹿野道彦農相(69)、海江田万里経済産業相(62)、前原誠司前外相(49)の名前も浮上している。



 ~引用ここまで~

 国会議員というものは法律を立案し議論する事が目的な訳ですが、最近の議員はしっかり「憲法」というものを意識しているでしょうか。私にはしているようには見えません。

 「まぁ、憲法の事はともかく・・・」

 とまるで、他人事のような感覚ではないでしょうか。国家の法律を考える上で「憲法」を無視して語るなどとは法治国家として失格です。

 「現日本国憲法はGHQの押しつけだし、何十年も経過しているから改正しないと・・・」

 と良いながらも、法案審議をしている時にどれだけ憲法を意識した議論がなされているでしょうか。遵法精神がない国会議員が法案を審議しているのですから、笑い話にもなりません。

 今の憲法を基準にして守りたくないのなら「守りたくない」と明確に明言するべきでしょう。そして、ならばど同時にどの憲法を基準にして法案を審議するのかも明確にするべきです。

 憲法を守れない国家に憲法など必要ありません。

 そういう意味で言えば、民主党・自民党にかかわらず、今の国会議員に議員たる資格のある人間はどれだけ存在するのでしょうか。殆ど議員たる資格の無い人間ばかりでしょう。

 しかし、腹ただしいのは承知ですが、嫌でも総理を選ばなくてはならないことも現実な訳ですから、我が國民はせめて「どっちがマシか!?」ぐらいは考えて欲しいものです。

 「現日本国憲法を無効確認し、大日本帝國憲法の現存を確認する」という政治家なら私も迷う事は無いのですが。。。(ただし、立憲主義に基づく政治家に限る)

 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。