スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

占領憲法に踊らされる皇統


 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif



 保守風味な方をここでご紹介。全文引用。

 憲法解釈は男系に定まる(谷田川惣のコラム)
 http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ytgw-o/kenpoudankei.htm

 2月9日の衆議院予算委員会で、

女性宮家創設の問題について稲田朋美議員が野田総理大臣に質問。

------------------------------

稲田議員

「皇室典範第1条の“皇統”と、憲法第2条の“世襲”は、

日本の有史以来、一度の例外もなく守られてきた伝統である男系を前提にしている」

 

野田総理

「認識はその通りだと思う。

憲法第2条、皇室典範の第1条で男系ということを明記している。

古来、ずっと続いてきた歴史的な重みというものをしっかり受けとめながら、

一方で、皇室活動の安定性をどうしていくかという観点で、

皇位継承の問題ではなく、女性宮家の問題を議論させているが、問題認識は同じ。」

------------------------------

 

この時点では理想的な答弁を引き出したと思います。

 

政府の見解では、小泉政権時の福田康夫官房長官による

「憲法第2条の“世襲”には、女系も含まれる」という憲法解釈がこれまで最新だったので、

野田総理の答弁により、憲法に規定されている皇位の世襲は男系であるということがはっきりしました。

 

なお、憲法制定時の立法者意志やこれまでの政府見解は、

福田官房長官の答弁以前でも、一貫して第2条の憲法解釈は男系によるものだったので、

今回の首相答弁により福田答弁だけが突出して憲法解釈を逸脱していたことが明確になりました。

 

世襲の憲法解釈が男系に定まれば、

官僚についてはその間は絶対に女系の動きをすることができません。

官僚の手足を縛るという効果はあります。


女性宮家の夫も皇族にするところが限界でしょう。

しかし、それでは子供には苗字があるが、両親に苗字がない、という状態が発生します。

そもそも、子供の苗字は何を名乗るのでしょうか。

子供には憲法で保障される国民の権利が存在しますが、両親にはそれがない。

 

両親と子供が完全に分離されてしまうか、

それとも母と父子を分離する方がいいのか、という議論になります。

だったら、そもそもなぜ分離しなければならないのか、という主張をぶつけて、

皇室活動だけが問題なのであれば、

皇族女性が結婚して皇籍離脱後もご公務を負担できるような制度を

つくればいいのではないか、という論理を展開すれば、

相手側はそれを押しきってまで、

女性宮家創設と、その夫まで皇族にするなどということはできないはずです。

攻めどころはいくらでも出てくるでしょう。

 

国会議員がしっかりがんばれば、女性宮家は阻止できます。

歴史・伝統に基づくわが国の秩序を守ろうという信念ある政治家には、

是非立ち上がっていただきたい。




 どうやら、この谷田川という方は、政府の占領憲法解釈による「男系」答弁によって、なにやら「安心感」を感じているようです。

 もう呆れて細かく批判する必要性を感じませんが、占領憲法を護持する「保守派」の方々は大体この程度の方ばかりです。

 逆に言えば、歴代政府が「女系」解釈を続ければ、占領憲法は女系容認となるのでしょうか。(まぁ、「女系容認とはならない」、と強弁するでしょうが。。。)そうなればこの御仁はまた「不安」になるんでしょうな。

 占領憲法は國體を護持出来ていると強弁しながらも、政府にわざわざ「憲法解釈」をしてもらわないと安心できないご様子で、「憲法そのものの条文」だけでは安心出来ないのでしょう。

 このように、国民に解釈論争を仕向けて、皇統皇室を俗論化させることが占領憲法の目的でもあります。

 だから、一日でも早く我が国の憲法は帝國憲法であるという認識に戻して、占領憲法は憲法ではなく大東亜戦争の講和条件の残骸であること認識しなければなりません。


 ・大日本帝國憲法

 第一条 大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス

 この条文をもってすれば、男子だの女子だの解釈する余地はありません。不毛な解釈論を繰り返す必要など全くありません。帝國憲法をもって皇室典範を改廃することを得ず、皇室典範をもって帝國憲法を改廃することを得ず、です。


 くだらない占領憲法の解釈論争はもうやめましょう。

 国論が二分し、臣民が右往左往するだけです。

 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 天皇陛下・皇室 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 大日本帝国憲法 占領憲法 日本国憲法

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。