FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

靖國神社を国家護持に

≪「核武装は簡単」、自由党(当時)小沢一郎党首≫

応援クリックお願いします⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

こちらもクリックお願いします⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング



 本日は、元虐殺国家の米国によって長崎へ原爆が投下された日です。広島の犠牲者の方々も含めて、哀悼の意を表したいと思います。

 ところで、2002年ごろの小沢一郎氏はこんな事を言ってました。

~ここから~

◆自由党小沢党首は「核武装は簡単」と発言

 自由党の小沢一郎党首は4月6日、福岡市内で講演し、「中国は超大国になろうと軍事力増強にいそしんでいる」とした上で、最近小沢氏に会いに来た「中国共産党情報部の人」に語った内容だとして「あまりいい気になると、日本人はヒステリーを起こす。(日本が)核兵器を作るのは簡単だ。その気になったら原発のプルトニウムで何千発分の核弾頭ができる。大陸間弾道弾になるようなロケットを持っている」と述べて、中国を強く牽制(けんせい)したことを明らかにしました。
≪関連記事≫
自由党・小沢一郎氏「核武装は簡単」 中国側に軍備増強を牽制(2002.04.07 朝日朝刊)
小沢一郎・自由党首が福岡市で講演 「日本だって核弾頭の4000発くらい持てる」(2002.04.07 毎日朝刊)
その気になれば核弾頭保有 小沢党首が中国けん制、日本「核武装」論に言及(2002.04.07 読売朝刊)
小沢党首 中国の軍事化牽制 「日本は一朝で核を保有」(2002.04.07 産経朝刊)



~ここまで~

 そして、靖國神社に関する発言。

 「第104回国会 地方行政委員会 第5号  昭和六十一年四月二日(水曜日) 」での国会答弁で、その時の小沢一郎である。(当時 自民党所属 国務大臣時代)

その時に小沢一郎氏はこう答弁している。

~一部抜粋~

○国務大臣(小沢一郎君) この問題(閣僚の靖国公式参拝問題)につきましては、靖国神社は一般的に常識的に言って戦没者を祭っておる、その追悼ということでだれもが自然な気持ちで行くべきものであろうと思います。したがって、私もいわゆる自分のそのような気持ちがわいてきたとき、そして時間が許せば靖国神社の参拝は今までもしておりましたし、するつもりであります。
 ただ、こういう問題、基本的には私は余り形式張って考えるのはよくないんではないかと思っております。したがって、今までも私は学校の生徒みたいにみんなで一緒にという参拝の仕方はしておりません。自分にそういう気持ちがわいて、そして機会があって参拝をしたことは何度もございます。したがいまして、それは大臣になってもその気持ちは変わりありません。

○国務大臣(小沢一郎君) 公式参拝というのは、いわゆる国務大臣の任にある者が参拝するというケースを言うのであろうと思います。ですから、私の考えは国務大臣であろうがなかろうが、現在はなっておりますが、今申し上げたような気持ちで今後も行いたいと思っております。

○国務大臣(小沢一郎君) 基本的に、お国のために一生懸命、その是非は別といたしまして戦ってそれで亡くなった方でありますから、そういう戦没者に、参拝することによって誠の気持ちをあらわす、また自分なりにそれを考えるということであろうと思います。したがいまして、A級(戦犯)であろうがB級(戦犯)であろうがC級(戦犯)であろうがそういう問題ではないだろうと思っております。たまたま敗戦ということによって戦勝国によって戦犯という形でなされた人もいる。あるいは責任の度合いによってABいろいろなランクをつけられたんでありましょうけれども、その責任論と私どもの素直な気持ちというのはこれは別個に分けて考えていいんではないだろうかというふうに思っております。



~ここまで~

 中川昭一氏の「核議論」発言よりも何倍もサプライズな発言ですね。この頃の小沢一郎氏と今の同氏は全く別人のようで気味が悪いです。なにをどうしたら現在のように主張が180度変わるんでしょうか、理解不能だ。

 「今までも私は学校の生徒みたいにみんなで一緒にという参拝の仕方はしておりません。」

 前から思っていたんですが、学校の授業や遠足でも良いですが是非とも靖國神社へのお参りを公教育のプログラムに入れるべきだと思う。

 全国の学校から靖國神社まで来るのは現実的に無理かもしれませんが、その代りに全国には「護国神社」が沢山ありますから、ぜひ授業の一環として参拝へ行って欲しいと思う。

 子供たちに「何故、参拝するのか!?」、「神々に手を合わせるという事はどういう事なのか!?」とか単に神社は初詣や夏祭りのようなイベントだけの為にあるのでは無いと、言う事を小さな内から教えるべきだと思います。

 平将門の乱で討たれた平将門も、東京の築土神社等で現在でも祀られているように、敵の将兵であっても、先人に対して尊崇と畏敬の念を持って祀るというのが、日本古来からの神道信仰文化であるという事を知っている世代は少なくなっていると感じます。

 そういう同じような意味で言えば、敵将ではありませんが大東亜戦争終了後に連合国側から一方的にいわゆるA級戦犯という汚名を着せられた東条英機氏らも、我々日本人古来からの神道信仰からすれば「大将殿は敗軍の将となってしまったが、その身滅びても日本国土と日本国民を災厄からお守りください。」と、畏敬の念も込めて祈る姿が本来の日本人たる姿ではないかと思います。

 神道には厳格な教義・教典というものが存在しない、ただただあらゆる万物に「八百万の神々」が宿っているという精神文化をいまだに受け継いでいる物であって、世間一般的に言われているような「宗教」ではないという事を、しっかり子供時代から大人が教えてあげなくてはならない。

 靖國神社は明治時代に生まれていわゆる「国家神道」と呼ばれていますが、「宗教法人」という枠組みに収まっていること自体が異常な状態だと私は思います。神道文化を「宗教」だとか「法人」などに分類するのではなく、我々日本人が代々受け継ぐべき「文化的遺産」として神道は存在するべきだと私は思うのです。

 その中でも靖國神社は日本の精神的支柱、文化遺産として国家護持をするべきだと思います。ですから天皇陛下はもちろんのこと、内閣総理大臣や各国務大臣は「公人?私人?」などと訳の分からない理屈をこねくり回してないで素直な気持ちで参拝に行くべきです。靖國神社へ参拝するという行為自体が公の気持ちの表れです。

 何だか話がずいぶん逸れてしまいましたが、私もずっと変わらず国務大臣時の小沢氏の気持ちのように、靖國神社や各地の護國神社へお参りし続けたいと思います。

 それがブログ名、「神の国へ…」の由来の一つでもあります。

 8月15日でも良いですし、都合が合わなければ別の日でも良いので靖國神社に行けなくても全国の護國神社へ参拝しましょう。
 
 参考リンク:全国の護國神社

<追記>

 昨日は、北京虐殺五輪NOデー!東京・大阪・京都同時国民大集会へ参加して来ました。

 私が参加した大阪は東京ほど人数はありませんでしたが、シュプレヒコールは確実に大阪府民の皆様に届いていたと実感しました。建物の中から沿道から賛意を表してくださる方も多数おられまして、胸が熱くなる思いを感じました。

 「真・保守市民の会」の会長、KNN TODAYの遠藤氏がいつも言っている事ですが、「市民」という言葉を我々保守陣営へ取り戻す必要があると改めて強く思いました。

 「何々市民の会」と聞くと、脊髄反射的に「サヨク市民」みたいだと感じる方もおられるでしょう。それはある意味仕方のない事だとは思いますが、そこで思考停止して立ち止まるのではなく我々保守は「市民」という言葉の意味を真っ当なものに変えて行きましょう。

 昨今の日本周辺状況は何も考えずに行動する勇気も必要な時期でもあります。ですがどうしても行動する前によくよく考え込んでしまいがちです。

 行動する事は、何もデモでシュプレヒコールをする事だけではありません。一言だけでも良いのでコメントで明確な意思表示をする事からすでに「考えながら行動」を開始している事になります。

 虐殺五輪は残念ながら始まってしまいましたが、その後に現れるであろう東アジア危機という眼前に立ちはだかる大きな試練に考え込むよりも、ここは大同小異で団結し、「考えながら行動」できる「真・保守市民の会」のネットワークを一緒に広げて行きましょう!

 サイト・ブログをお持ちの方はこちらから参加登録お願いします。
 ⇒真・保守市民の会リング

 サイト・ブログをお持ちではない方はこちらから参加登録お願いします。
 ⇒真・保守市民の会 参加希望フォーム


応援クリックお願いします⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

こちらもクリックお願いします⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

COMMENTS

あの顔を見ても……

昔っから小沢一郎は嫌いでした。 あの顔からしても腹黒さが滲み出ている感じがします。

日本人は昔からお天道様を信仰している民族なので、あの世へ逝ったら皆が仏様……それに国の為に殉職した英霊様があってこその現在日本(良くも悪しくも)

国民皆が気持ちを1つにして年に一度、拝んでも罰は当たらない。

それに嫌悪感を表すのは必ず特亜の人間だけ……これを可笑しいと思わない国民意識の方が怖い気がします。

私は護国神社によくお参りしますが、英霊様の御加護で守られている気がして誇らしく思います。

15日には『あの大臣』が靖国参拝されるとか。
逆に天罰下りそうですが。
その大臣、毒ギョーザに関してこんなことを・・・。

■食の安全「消費者やかましいから徹底」=靖国参拝の方向-太田農水相
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008081000088

上(チンパン)も上なら下も下ですね。ん?ひょっとしてこれは、国民から
の声で大臣をクビにしてもらい、再び人権擁護法案に着手したいという作戦??

コメントありがとうございます。

強姦擁護派の太田誠一などという人物に靖国さんへ行ってもらいたくないというのが本音ですね。森元総理は「日本は神の国である」と言いましたが、「日本は神々が存在するの国」であるということで、あの世とこの世は繋がっていると考えますので畏敬の念を抱き、自然に参拝できる事がいかに日本人にとって大事なことであるかもう一度大人から子供へ教えなければならないと思います。

はじめまして。

靖国&護国神社はもともと神社ではなかったんですよ。

神社ではなくて「招魂社」と呼ばれておりまして、
仏教でもおまいり出来たぐらいで、なんと神主さんがいませんでした。
その実態は薩摩や長州出身の軍人向け新興宗教だったんですよね。

なので、日本の伝統的な神社ではありません。

子供に神社を拝ませるなら、靖国・護国・招魂社以外の
普通の神社を拝ませるのが妥当だと思いますよ。

ちなみに、皇族とか神話の登場人物以外で、
実在の人物が神社に祭られることはあまりありません。
平将門や菅原道真とかが神社に祭られているのは、
人物そのものじゃなくて彼らの怨霊を祭って災いを鎮めているんですよね。

なので、太平洋戦争とかで戦死した人とかを、
何十万人も靖国神社の神様にするような祭り方は、
神道の教義としてかなりヘンテコリンなんですよ。

まあくん様

 丁寧な解説とご教授ありがとうございます。

 普通にご近所にある神社に参られてもよろしいと思いますし、なおかつ靖国や護国神社へ行ってお国の為に戦われた先人の皆様へ慰霊参拝されても何の問題もないと思いますが、何を持って妥当だとされているのか分かりかねます。

 私の知識不足で申し訳ありませんが、神社は「霊を祀る」のでありますが、「人物そのもの」を祀るなどという偶像崇拝的な神社がこの世にあるのでしょうか?

 ところで、神道の教義とは明確にどのようなものなのでしょうか?私にはその辺りが理解しかねますので何がどうヘンテコリンなのかのも併せて解説よろしくお願いします。

こんばんは。

> 神社は「霊を祀る」のでありますが、
> 「人物そのもの」を祀るなどという偶像崇拝的な神社がこの世にあるのでしょうか?

人物そのものは祭らないと思いますよ。平将門は怨霊を祭っているし、日光東照宮では徳川家康の霊魂を祭っていますよね。そういう偉人の怨霊や霊魂を神社の神様として祭ることはあるようですが、靖国のように多数の一般人を神社の神様にするようことは、普通の神社では見たことも聞いたこともありません。

> ところで、神道の教義とは明確にどのようなものなのでしょうか?
> 私にはその辺りが理解しかねますので
> 何がどうヘンテコリンなのかのも併せて解説よろしくお願いします。

神道の考え方では人は死んだらご先祖様に加わります。そして家の人たちや親戚を見守ることになります。ご先祖様の居場所はたぶん神棚のあたりか仏壇だと思います。ところが、戦死者の霊の居場所が靖国神社になると、故郷の家に戻ることが出来なくなりますので、ご先祖様として遺族を見守ることができなくなってしまうのです。

数十万人もの霊を遺族の元へ返さず、ご先祖様へも会わせずに、靖国神社に縛り付けておくというのは、実にヘンテコリンな弔い方だと思いますよ。

> 子供たちに「何故、参拝するのか!?」、
> 「神々に手を合わせるという事はどういう事なのか!?」とか
> 単に神社は初詣や夏祭りのようなイベントだけの為に
> あるのでは無いと言う事を小さな内から教えるべきだと思います。

神社のメイン行事はイベントです。っていうかイベントじゃなくて奉納です。

地域社会に氏子(うじこ)という神社の後援会員のような人々がいて、その人たちがボランティアでお金を出しあって、盆踊りや打ち上げ花火や相撲とかを奉納して神様を慰めるわけです。そういう行事自体が神様と接する機会になります。なので、子供には祭りに参加させとけば、無理に拝ませなくても自然に理解しますのでそれでオッケーです。

一方、靖国神社には氏子がありません。ですので楽しいお祭りも花火大会もありません。最近は盆踊りの真似事のようなことをしているようですが、誰が何のためにしていることなのか、正直よく分かりません。

こういうのも靖国のヘンテコリンなところだと思います。

 結論から言いますと、貴方とは「内心の信条」が異なるという事になりますが、折角一生懸命コメント下さいましたので、私からの思いも綴らせて頂こうかと思います。

 祀り方がおかしいという事ですが、まあくん様も仰られている通り、靖國というものは古神道からすればやはり新しい時代の流れを受けて出来たものですので、当時の日本人としては国のために戦われた英霊、日本国民を今までとは違う形で祀ることになったという事だと思います。

 新しいと言いましても私が生まれるよりは遥かに昔に建てられたのですけれども、当時の方々はそのように祀ろうとお決めになられて今日まで続いておるのですし、タイムマシン等で当時に戻って「それはおかしい」と今更議論する事も出来ませんし、現代に生きる我々が英霊の方々の思いを知らずに、あれやこれやと後だしジャンケンのように勝手に解釈を変更するなどという傲慢な事は私には出来ません。オカシイかどうか感じられるのはまあくん様のように人それぞれご意見はあろうかと思いますが。

 ですので、靖國に縛られているのかどうか祀られているご本人に確認しようもありませんし、距離が近い、遠いの問題でしたらお近くの護國神社もございますのでそちらへご参拝されて、慰霊をされれば良いのだと思います。英霊の魂との繋がりは、護國神社よりも靖國神社へ参った方が強く感じる方も多数おられるのでしょうから、今でも全国から大勢靖國へいらっしゃるのだろうと思います。

 私たちが今現在住む日本は、今幸いにしてどの国とも交戦状態になく(竹島や尖閣、北方などの領土問題はありますが)、ある程度秩序が保たれて平穏に暮らさせて頂いております。そんな時代だからこそ、苦難の時代を忘れない、結果がどうであれ「クニを守る、家族を守る」という気概を持って戦われた英霊の皆様の気持ちを忘れない、という意味においても、出来る限り靖國・護國神社へ自然な気持ちで参る事が良いのではと私は考えます。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。