スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

橋下発言、言語道断ですよ!

 人気BlogRanking FC2BlogRanking.gif



西村眞悟氏のブログを拝見しました。『士は己を知る者の為に死す』
 →http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=855

 己が劣勢な立場であるにも関わらず、同じ党内の人間の立場を考えて行動する、まさしく『義』の人だと改めて思いました。さらには、その『義』に惑わされることなく『信念』を貫くその姿勢は、現代の政治家が失つてしまつた至誠を体現していると申しても過言ではないでせう。

 私は、改めて西村眞悟代議士を強く支持します。

 ところで、西村代議士はこのようにブログでは発言している。

 『橋下共同代表の慰安婦(comfort women)に関する話が、外電では、
 「橋下は、戦時には、『性奴隷(sex-slaves)』が必要だと言った」、と悪意の虚偽の捏造をして報道され始めている。
 彼は、こんなことは言っていない。
 これを断じて放置してはならない。
 奴隷制度の歴史をもっている欧米では、性奴隷という言葉はまことにおぞましい。
 放置すれば、日本人は性奴隷を必要とするおぞましい民族だという世界的な反日包囲網ができてしまう。
 断じてこれを許してはならない。
 慰安婦とは売春婦のことで、それは今でもたくさん日本に入ってきている。彼等が性奴隷でない以上、戦時の慰安婦も性奴隷ではない。

 私の話の本体は、日本が戦時に性奴隷を必要とした民族であるかのごとき捏造は許してはならないというものだ。
 もしこの捏造が定着すれば、我が国は、過去現在未来、名誉と誇りを剥奪される。
 従って、今、外国から仕掛けられている日本があたかも朝鮮人を強制連行して性の奴隷にしたかのような反日宣伝は、日本から誇りと名誉を奪い、日本を国際社会のなかで、名誉ある存在ではなく名誉なき悪をなした国家として屈服せしめるためのもので、もはや我が国の全外交力を駆使してその反日宣伝を阻止すべき非常事態だと言ってもよい。』



 西村代議士が言われる通りだと思う。

 しかし、橋下発言にはもつと重大な問題がある事を、もしかすると西村氏は、橋下氏のツイッターでの発言をご存知ないのかも知れない。それで一応は橋下代表を擁護されたのだと思う。ならば仕方がない。

 事実はこうだ。

 hashimoto

 橋下氏は『日本だけが性奴隷を活用していたと言うのはアンフェアだ。』と明確に述べている。

 これは文脈から見るに、明らかに大東亞戰爭におひて我が軍(皇軍、日本軍のこと)が性欲発散の為に、多くの女性を奴隷扱いしたかのやうに発言しているのだ。(多くの他国軍は明らかに占領地で現地の女性を性奴隷的扱いしていたのは事実だが。)

 したがつて、西村氏が橋下発言で「外電で捏造報道がされている」とブログで述べているが、橋下氏が『性奴隷』という発言をしており、外電の完全な誤報とも言い切れないのである。

 よつて、我が國が大東亞戰爭時に女性を『性奴隷』として活用した事実があるのかどうか立証しろと、私はツイッターで返信した。もちろん、返答など返つてくるわけも無いが、極めて重大な発言である。

 これは橋下氏の『政治的発言』であつてもそうでなくても、「軽率」という言葉では表現しきれないほど著しく我が國を国際的に貶める、我が國を守らんと散った先人を貶める、様々な事情があつて身を捧げる事になつてしまつた女性達への冒涜であるため、看過するわけにはいかない。

 西村眞悟代議士を支持する動きには当然賛同する。

 しかし、橋下氏を擁護するような動きには断じて賛同出来ない。出来ないどころか事実無根であるし、虚言捏造は橋下氏が元凶なのだ。

 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 橋下徹 - ジャンル : 政治・経済

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。