FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

【事故米】民主党が原因!?

≪事故米と民主党・・・≫

 応援クリックお願いします⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 ミニマム・アクセスで輸入されているコメが、今回の事故米騒動の元凶の一つとなっている。

 なぜならば、汚染米(事故米)はほとんど「ミニマム・アクセス米」から出ているものだからだ。

 思考停止を露呈した農水省 甘い検査の裏に官民癒着も

 汚染米の不正転売問題はコメビジネスの闇の深さと同時に、農林水産省のずさんな管理体制と思考停止ぶりをあぶり出した。流通被害は拡大の一途だが、農水省は「民間の責任」や「他省庁の所管」として当事者意識に欠ける態度に終始、適切な対応を打ち出せず立ちすくむばかり。汚染米業者との官民癒着も指摘されており、頼りない同省に与党内からも「任せておけない」と激しい非難の声が噴き出した。

 農水省は過去五年間で三笠フーズに対し九十六回も立ち会い点検を実施した。三笠だけではない。同じく不正転売が発覚した浅井(愛知)には二〇〇五年以降十六回。太田産業(同)には〇六年以降二十六回。それでも不正を見抜けなかったのは、業者側に事前に立ち会い日程を伝えたり、「見えているところをさっと見るだけ」(業界関係者)など点検が形骸けいがい化していたからだ。

 三笠は農政事務所の立ち会いで、米粉を工業用の商品名に印字した袋に詰め込んで出荷するように見せ掛ける偽装工作をしていた。不正を見破るには帳簿と在庫のわずかな矛盾を見抜く眼力や、不正の香りをかぎ取る臭覚が必要で、見抜けなかった農政事務所の担当者の能力が問われる。

 汚染米の多くはミニマムアクセス(最低輸入量)米から出る。過去五年間で農水省から汚染米を購入した業者はわずか二十社。だが、用途が限られ引き取り手のない“厄介もの”を引き取ってくれる汚染米業界は農水省にとっても好都合な存在だった。〇七年には農水省の担当課の元課長補佐と商社役員による贈収賄事件も起きている。

 農水省は今回の問題を受け、汚染米の売買を全面廃止する方針だが、前提となる検疫態勢の強化など、他省庁にまたがる課題も多い。



 さて、贈収賄事件まで発生している「ミニマム・アクセス米」って何でしょうか?

 そもそも、いつから始まったんでしょうか?

 誰がそんなものを輸入しようと言い出したのでしょうか?

 ミニマム・アクセス(ウィキペ)

 日本はウルグアイ・ラウンドにおいてコメの例外なき関税化を延期する代償としてコメにおいては他品目よりも厳しい輸入枠を受け入れた。

 前述のように、ウルグァイ・ラウンド農業協定そのものは、ミニマムアクセス枠全量の輸入を義務付けているわけではない。

 しかし、日本においては米の輸入について、政府統一見解に基づいて「輸入を行うべきもの」とみなし、全量を輸入してきた。この見解は、羽田内閣が1994年に、「ウルグァイ・ラウンド農業協定におけるコメのミニマム・アクセス機会の法的性格に関する政府統一見解」という題で衆議院予算委員会に提出したものである[1]。

 この中で政府は「法的義務の内容は、(中略) 輸入機会を提供することである。」とした上で、「但し、コメは国家貿易品目として国が輸入を行う立場にあることから、(中略) 当該数量の輸入を行うべきものと考えている。」との見解を示している。

 政府は一貫して、対外的な義務であるとの言質を与えないように官僚的な配慮を行いつつ、全量輸入が義務であるかのような印象を与える説明を続けている[2]。これを受けて日本国民の間には、これが義務であるとする誤解が広まっており、マスコミの報道においても、時に「日本はコメを一定量、輸入する義務がある」などの表現が見られる[3]。



 ようするに、「ミニマムアクセスでもって、日本が一定数量を必ず輸入する義務がある」というのは、単なるデマであるということです。

 コメ不足の時にも買わなくても良かった。むしろ、古米や古々米の備蓄自体が多量にあったため、一時的な緊急輸入措置だけでしのげたはずだった。

 羽田内閣(ウィキペ)

 羽田内閣と言えば、

 新生党

 民主改革連合

 公明党

 改革の会

 日本新党

 民社党

 自由党


 以上に上げた党派による連立内閣だ。つまり、現在の民主党議員が多く関わっていた。

 そして、当時のガット(現WTO)・ウルグァイ・ラウンド農業合意において、ミニマム・アクセスでのコメの一定数量受け入れ(輸入)を決めたのは、細川内閣です。

 細川内閣(ウィキペ)

 細川内閣と言えば、ウソつき解散選挙後(当時:宮沢内閣)に出来た烏合の衆内閣です。

 メンバーは、

 日本社会党

 新党さきがけ

 新生党

 民主改革連合

 公明党

 社会民主連合

 日本新党

 民社党


 以上の方々です。なんと社会党(現:社民党)までいらっしゃる。

 だから、野党は誰もミニマムアクセスについて触れたくないわけだ。

 なるほど、分かります。

 三笠フーズ等による汚染米の横流し事件について(共同声明)
 (民主党 公式サイトより 民主党、社会民主党、国民新党の共同声明)

 米加工販売業者「三笠フーズ」が、残留基準値を超えるメタミドホスや地上最強の天然発癌物質であるアフラトキシンが検出された中国産米等の事故米を食用として不正に転売していた事件が、明らかになった。
 本事件は、三笠フーズが安価に購入した事故米を正規の加工食品用の外国産米に混入して販売し暴利を得ただけでなく、それが焼酎や菓子の原材料として用いられ、学校給食や老人ホーム用の食事にまでにひろがっているおそれがある点でも許しがたい問題であり、社会的な影響は甚大である。
 三笠フーズに事故米を販売した農林水産省は、平成19年1月に三笠フーズの不正を告発する情報が寄せられ、この情報に基づき三笠フーズを調査するとともに、加工ラインの立会い等、96回も検査を行ったものの、これまで不正転売を見破れなかった。
 このように長年の不正転売を許してきた原因は、三笠フーズによる悪質極まりない隠蔽工作があったとしても、農林水産省の調査が事前に通告した上で行われ、また、三笠フーズからの転売先の調査は行っていないなど、調査の形骸化とずさんな検査体制にあると断じざるを得ない。
 このような対応は、米をはじめとする食料が安全・安心に国民に供給されるよう行政運営すべきであるにもかかわらず、職務に対する責任感と緊張感に欠け、怠慢のそしりは免れない。今回の事件は氷山の一角であり、国民の生活よりも政官財癒着を優先する自公政権の姿が明らかになった。国民不在の自民党総裁選にかまけて、国会を開かず、国民の生命に関わる重大問題に対する事案への対策をおろそかにしていることは言語道断である。

 以上を踏まえ、政府・与党は、以下のことに取り組むべきである。

(1)厚生年金の標準報酬月額改ざん問題とあわせ、今回の事件に関する閉会中審査を直ちに行うこと。
(2)非食用米や事故米の買受業者に対する検査を、抜打ち方式に改め、転売先についても確認するなど厳格な検査を行うよう早急に見直すこと。
(3)事故米不正転売の全容を早急に解明するとともに、告発した以外の業者が、事故米等を食用として不正転売していないかどうかを明らかにし、一刻も早く消費者の信頼を回復すること。
(4)食品のトレーサビリティ・システムを導入し、その義務化を通じてこのような事件の発生を防止するとともに、仮にこういった事態が起こった場合でも早急に解消できるようにすること。
(5)食品の製造や加工・流通に携わる企業において、消費者重視の経営が遂行されるよう、食品産業界全体におけるコンプライアンス体制の確立・徹底を推進すること。


 事故米転売で国を批判=癒着としか思えない-民主

 政府が工業用に販売した「事故米」が食用に転売されていた問題で、民主党は11日、農林水産部門会議を開き、国の対応を批判した。筒井信隆「次の内閣」農水担当は、「96回も(不正転売の業者に立ち入り)調査をしながら、なぜ見破れなかったのか。癒着構造があるとしか思えない」と追及した。(2008/09/11-16:19)


 民主・菅氏:太田農相・汚染米発言「自民に任せても駄目」

 太田誠一農相が汚染米転売問題で「じたばた騒いでいない」と発言したことについて、民主党の菅直人代表代行は13日に大阪市で開いた党集会でのあいさつで「本来なら農水省の間違いを正すべきなのに『大したことない』ともみ消し工作の先頭に立っている。自民党にこれ以上任せても駄目だという証拠だ」と批判した。【田中成之】


 「事故米」で政府の危機管理は?与党内にも批判の声

  工業用「事故米」の食用転売問題をめぐり、政府の危機管理態勢を問題視する声が12日、与野党から相次いだ。

 福田首相が太田農相に全容解明などを急ぐよう指示したのは問題発覚の6日後で、対応が後手に回っている印象は否めない。首相の退陣表明と自民党総裁選に伴う「政治空白」が影響しているとも言えそうだ。

 「食用でないものが病院などで消費されていたのは大変問題だ。事態をもっと重大に受け止めなければいけない。率直に言って、農水省の対応は大変不十分だ」

 町村官房長官は12日の記者会見でこう述べ、事故米の食用転売問題に関し、監督官庁である農林水産省への憤りをあらわにした。

 関係者によると、首相は5日午前、「三笠フーズ」の不正転売の発表に先立ち首相官邸に報告に来た同省幹部に対し、秘書官を通じ、事実関係の早期解明のほか、流通先の公表も求めたという。

 ところが、数時間後に同省で記者会見に臨んだ担当課長は、流通先について、「言えない」「答えられない」と繰り返し、事故米を使用した業者名などの公表を拒否し続けた。

 首相は、問題が拡大の一途をたどる事態に危機感を強め、11日、農相を首相官邸に呼び、全容解明や再発防止策の検討を早急に行うよう直接指示した。

 だが、白須敏朗農林水産次官は同じ日の記者会見で、事故米問題の責任を問われ、「私どもに責任があるとは考えていない」と発言。これを聞いた首相は「勘違いしている。とんでもない」と憤り、町村官房長官が12日に次官を呼んで発言を厳重注意する異例の展開となった。こうした事態に至ったことは、官僚に対する首相の威光の低下を物語ったともいえそうだ。

 自民党からは12日、「消費者重視の時に『何をやっていたのか』という感じだ。役人の怠慢としか言いようがない」(自民党の武部勤・元幹事長)など、農水省への批判の声が上がった。

 一方で、与党内には、政権の危機管理のまずさを指摘する声も出ている。公明党幹部は12日、記者団に、「首相は退陣表明して気が緩んでいたのではないか。国民感情に対する感性が鈍い」と苦言を呈した。

 野党側は、事故米問題に関し、政府・与党への攻勢を強める構えだ。民主党の鳩山幹事長は12日の記者会見で、「ずさんで形ばかりの検査が行われていたのではないか。農水省の責任を追及しなければいけない」と語った。

 民主、共産、社民、国民新の野党4党は同日、事故米問題について国会の閉会中審査を開くよう与党側に要求した。

 だが、自民党内の関心は、総裁選に移っている。野党側からは「(政府・与党には)責任感が希薄だ。お祭り騒ぎをやっている場合ではない」(国民新党の自見庄三郎参院議員)との批判も出た。

(2008年9月13日03時04分 読売新聞)



 時事通信さん、「国の・・・」じゃなくて、正確には「政府の・・・」です。

 菅さん、事故米流通させた「農政事務所(旧食糧庁の食糧事務所)」と「全農林」を支持団体に持つ民主党に言われたくないですよ。

 なるほど、与野党とも自民党総裁選挙でマスコミが一色になっている方が、都合がいいんですね。

 分かります。

 しかしですね、久々にブッタ斬らせて頂きますが、

 公明党、民主党(野党)、貴方達にもとやかく言う資格はない!!
 
 陸山会の不動産処理に追われている小沢一郎さん!

 鳩山幹事長ばかり表に立たせずに、貴方が出て来てくださいよ!

 麻生氏が総裁になる公算が高い。

 そうなれば総選挙は近いですよ、有権者のみなさん。

 自民、民主、その他野党の売国奴をきっちり落選させましょう。

 綺麗事ばかり鵜呑みにしてると、国民はまた騙されますよ。

 同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。

 我々は、「考えながら行動」しましょう。

 真・保守市民の会が、明日開催されます。

 皆様のご参加お待ちしております。(詳細は下記参照)



 この情報の周知のために、クリックお願いします⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


※第1回「真・保守市民会議」開催のお知らせKNN TODAYより)

 国歌斉唱に始まり、保守大同団結の基本姿勢と日本政治の危機を語り、会議ご出席の皆様から「真の保守政治に何を望むか」というテーマでご意見を頂戴する場です。

 当日、新聞「アイデンティティ」主幹の葛目浩一氏が来られます。関西の保守論壇の一翼を担う氏のご提言に注目したいと思います。

 と き:平成20年9月15日・祝日(敬老の日) 午後13時30分開場
     午後14時から16時まで
 ところ:大阪市 北区民センター 第1会議室
     JR環状線「天満」駅(大阪駅の次)下車・西へ徒歩3分
     地下鉄堺筋線「扇町」駅2号B出口下車・北へ徒歩3分、関西テレビ隣
 参加費:無料
 主 催:真・保守市民の会
 呼びかけ:遠藤健太郎ブログ『KNN TODAY

 (参加費用などは必要ありません。場所の地図はこちら⇒北区民センター

 ご出席頂ける方は webmaster@shinhoshu.com まで。



 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 食の安全 - ジャンル : 政治・経済

COMMENTS

不正・利権の陰には

日本に不利益な利権&不正の陰には必ず民主…
恐ろしい政党ですね。

近々、総選挙ですが国民の過半数が自民党に愛想尽かして『政権交代』を意識している様ですが、民主を推す人の声もチラホラ……


ま、こんな実態知っても民主を推す人は少ないとは思いますが、兎に角 日本にとって不利益な議員は中央での政治はさせてはいけません。


総選挙まで気の抜けない日が続きますね。

ミンスは不要!

dandy様、ご無沙汰しています。
さて、今回の汚染米・・・いや毒米の件、本当に許しがたいことであり、風化させてはならないと思います。ミニマムアクセス米については自分も『義務』だと思っていましたが、そうではなかったのですね。ということは外国に返品、拒否することもできたのですよね。なのにこんな発ガン物質食わされていたとは・・・。しかし野党はあらためてクズと思いました。これ決めたの自分たちじゃん!それはスルーで、国民への心配というより、自民たたきの材料にすぎないんですね。
で、野党直属のプロ市民がしゃしゃり出てきたようです。
違反して米を垂れ流した三笠が一番悪いのにこれですか?
(引用元のサイトからこの記事が削除されてしまったので、これを紹介されているブロガーさんのページを貼らせて頂きます)
http://wind.ap.teacup.com/netuyo/
あと汚沢ですがなんと東京12区(カルト政党太田氏の選挙区!)から出馬とか言ってますが・・・イメージアップのためでしょう。この2政党は方針が同じで、
自民が負けたら組むつもりなんですから・・・。

いつもありがとうございます。

あっちゃんさん

 一部、自称保守と標榜する方々の中でも、この話題だけは取り上げられない方々がいらっしゃるようで、単なる政府与党・農水省叩きに終始しているようです。そんな中で今日、国民新党が民主党に吸収合併されるとのこと。さらに混沌としてまいりました。

桃桜さん

 情報リンクありがとうございます。

 「加害者が犯罪を犯したのは世の中の責任だ!」風などの強弁をのたまうサヨク集団と似たり寄ったりの団体と見受けました。やらかした事の罪は相応に償って貰わないといけません。といっても、食品衛生法違反だけではせいぜい「3年以下の懲役又は300万円以下の罰金」が限度でしょうから、不正競争防止法違反や詐欺罪などでも立件して頂かなくては後々に示しがつきません。

 東京12区ですが、創価学会=公明党は代表が誰であろうと池田大作センセイの操り人形でしょうから、ご指摘のように民主&公明政権のラインは捨てきれないものと私も考えています。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。