スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

日教組ですか?やりましょうか!

≪日教組ですか?やりましょうか!≫

 今日はまず緊急告知。

 ※「日教組駆逐」の街頭演説とビラの配布を敢行します! 

 と き 平成20年10月12日(日) 午後5時15分より
 ところ 南海電鉄「なんば」駅・高島屋前
 主催  「大阪の公教育を考える会」、 「一日会」
 
 代表弁士には、伊藤玲子元鎌倉市議会議員をお迎えし、奇しくも先の自民党総裁選挙で5候補が街頭演説をやったその場所で、演説とビラ配りを行います。

 我々、真・保守市民の会としても、主体的に参加いたしますので、出来る限り一人でも多くのご参加、ご協力をお願い申し上げます。

 応援クリックお願いします⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング



 今回の中山前国交相の「日教組をぶっ壊す!!」発言の中身ですが、

 私は、全面的に支持します。

 これは今更言うまでもありませんが、これは戦後のGHQが、再び日本が米国に牙をむかないように画策した、WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)の一貫だ。

 社会主義、マルクス主義者を刷り込んだ教職員に「組合」を作らせ、将来の日本人が日本国を敬えないようにするために、日の丸・君が代を全否定するような教育方針がとられた。

 ここで疑問になるのが、それならばなぜ米国は手っ取り早く「天皇陛下」を、戦犯として罪をなすりつけ、葬らなかったのか?ということである。

 先帝陛下のご英断によって大東亜戦争の終結を迎えたのだから戦犯とするのはいかがなものか?という話もあれば、戦後まだ日本人の士気冷めやらぬ時に日本国民にとって絶対的君主であった先帝陛下を殺してしまえば厄介なことになる。(本当に玉砕内戦になる。)だから逆に陛下の権威を利用して米国が間接統治し続ければ良いのではないかという話もあった。

 もう一つ狙いがあったとすれば、先帝陛下をいわゆる「サヨク」のスケープゴートに仕立てて、国内の日本人の精神を2極に分断させようとする画策があったと思うのである。

 GHQは日教組という組織を用いて、赤く染まった日本人を作りだす事が、これからの日本を抑え込む為には重要だと思った以外に、やはりサヨク的な教育を受けたとしても、戦前の愛国的精神を継承する日本人も自然と生まれてくるだろうと予測したのでないか。

 こうなれば、日本国内は”陛下護持派vs反天皇派”という構図が自然と生まれる。この構図を作るために米国は先帝陛下を生かしておく事が有効であると思ったのかもしれない。

 GHQによる、大きな日本精神分断、日本人分断計画である。

 その中でも象徴的なのは、1971年から1983年まで日教組委員長を務めた、「槙枝元文」という人物ではないか。

 彼は、北朝鮮の金王朝を礼賛し、崇め、そのチュチェ思想を日本教職員チュチェ思想研究会連絡協議会などという組織まで使って、全体主義を日本の子供たちにすり込もうと画策した人物。

 しかもこの人は、そうした長年の活躍を認められて、1991年には北朝鮮から「親善勲章第1級」というチュチェ思想主義者にとっては名誉ある勲章を授与されたというではないか。

 こんな人が日教組のトップであって、日本の公教育が果たして良くなるでしょうか?

 そして、最近でいう日教組の悪行は、あの「ゆとり教育」だ。

 安倍内閣の時期から盛んに見直しの論議がなされてきたが、この「ゆとり教育」を提案したのがそもそも日教組であり、それを強硬に推進していたのがまたもや「槇枝元文」である。

 この無闇な「ゆとり教育」が始まってからというもの、子供たちの平均学力も低下の一途をたどり、些細なことでも我慢できずにキレる子供が増え、体だけ成長した精神未熟児が、突拍子もなく人を安易に殺めるという、短絡的な思考回路を生み出してしまったのではないだろうか。

 その「ゆとり教育」路線が始まったのが、何を隠そうあの自民、社会、さきがけの3党連立の「村山内閣」からである。「失われた10年」言われた中でも、特に旧社会党が政権に絡んだ時に受けた日本の傷はあまりにも深く、今でも全く癒えていないし癒える下地すらまだない。

 で、これも今更言うまでもないが、その日教組(日本民主教育政治連盟)、教職員組合、自治労は、旧社会党の残党を多く抱える、民主党の大切な大切な支持母体だ。

 この事は中山 成彬氏が今回ズバッと公言してくれた。この発言の影響力、波及効果は大きい。

 「ズバッ!」と言えば、昨日の朝に偶々TVを見ていたら「朝ズバッ!」が映っていたのだが、民主党の山岡国対委員長が懸命に攻勢している姿を見ると、「これは痛い所を突かれた…」と、思っているなと感じた。その他の野次馬にようなコメンテーターも、もう何か攻め込む理由はないものかと必死で探りながら中山氏を煽りたてていた。

 この、いわゆる「サンドバッグ状態」の中山氏だったが、交わし方が非常に上手かったのではないかと私は思ったが、しかし予備知識を持たない視聴者が見れば、まさしく戦後教育に毒されたサヨクコメンテーター達が、一方的に悪者の中山氏を糾弾しているという構図にしか見えないのだろう。

 朝から魔女狩りにようにスケープゴートを作り上げて、みんなでよってたかって糾弾するような全体主義の的な番組を見て溜飲を下げているから、日本人は一億総白痴化するんだと菅直人ですら言うのである。

 (特に、メガネをかけたTBSのアナウンサー?は、特にサヨク臭が漂っており、朝からただならぬ嫌悪感を感じてしまったのだが。)

 中山氏は、事実がああだこうだという論争に引っ張られるのではなく、あくまで思想信条良心に則ってするべき批判を正当にしただけであり、本音を発露しタブーに切り込んだという趣旨を繰り返していた。

 このかわし方がこの場に来てもまだ出来るという事は、自分でも言っていたように明らかに確信的に発言したものと容易に察しがつくものである。麻生も了解の上でか?とも思わせるようなやり取りだった。

 兎も角、日教組には体たらくな日本人を作りだした、という責任の一端は間違いなくある。

 この事は大阪府の橋下知事もわかっているようであり、中山氏が大阪府を名指しし、引き合いに出して批判したにもかかわらず、「これは熱いエールだと思っている。」という発言からも、中山氏の意見に同調する思いがうかがい知れるのである。

 真・保守市民の会、代表の遠藤氏主宰「KNN TODAY」の9月25日記事に、拙ブログから情報提供させていただいた「緊急告発!呆れた教育行政」のエントリーでも明らかなように、日本の教育は日教組のみならず地方の教育委員会の内部に至るまで、ありとあらゆる所がサヨクで腐りまくっている。

 頭の悪い日本人が増えたのはなぜなのか?働きが悪い日本人が増えたのはなぜなのか!?しかし、そのような日本人を作りだす原因の一端を作ったのはどこのどいつなんだ!?

 日教組を支持母体に持つ民主党では、

 日本の公教育再生は不可能であり、 

 日本力の復活はありえないのだ。 


 応援クリックお願いします⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

COMMENTS

全面賛成。
中山氏発言を国のためにさらに活かすべきですね。
ご健闘をお祈りします。

dandy会長

鼻水が洪水中なので、もう寝ようと思っていますが
日教組については、もう、dandyさんがまとめてくださってるので
そのとおりで、そーですが、この日教組とつるんでる
悪の集団がいます。「児童相談所」です。
児童相談所による拉致事件、これ、えげつないことなんです。本当に。
仕事も全くしてませんし、所長は、毎日出勤して新聞よんで
読み終わったら帰宅。えー誰がお給料はらってるんでしょう???

そうそう、森鴎外のことかかれてたじゃないですか
ちょうど、南出先生の國體護持を読んでたとき、それが書かれてあって
さっすがdandyさんだなと。

玄米が、1合程度ですが(笑)収穫できました。
神棚に献上して、それから脱穀とやらをやってみようと思います。

お茶の葉もそろそろ摘もうと思ってます。
また連絡しますね!

大賛成!

はじめまして~
日教組をぶっ壊さなければ、この國に明るい未来はないです!
それを支持団体とする、売国民主党も!

勝手ながらリンクを張らせていただきます!

コメントありがとうございます。

お返事遅くなりまして申し訳ありません。

永山さん

ご声援ありがとうございます。中山氏も色々事情があってのご発言だっと思います。そういった役回りをさせられていたのでは?との話もあります。ですが、その日教組に対する発言内容は何も間違った話ではありませんでした。サンドバックになるのを承知でTVまで出られた。その言動の勇気に敬意を表したいと思います。


アイサイさん

 お返事遅くなりました。
 「児童相談所」とは私も盲点になっておりました。ご指摘ありがとうございます。やはりこの辺りは女性の方が良く気がつかれる視点なのだと思います。私の方でも良く調べまして、またエントリーとして取り上げさせていただきたいと思います。
 森鴎外の件に関しては前々から触れなければならないとずっと思っておりました。やっとエントリーにすることができました。先人、先輩方の知恵が良く結集されている実話だと思います。科学がそれほどまでに発展してなかった時代に「玄米」の有効性に気がつく事はすごいことです。やはり贅沢は時々にして日本人の古来の食生活を取り戻したいですね。

ゆきかぜさん

 ご返事遅くなって申し訳ありません。リンク貼って頂いてありがとうございます。民主党はやはり日教組の話題には触れたがろうとしません。臭いものには蓋をするという政党に政権など任せる訳にはいきませんね。何しろ大切な子供たちの事ですから。これからもよろしくお願いいたします。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。