スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

支那産をなぜやめない?

≪支那産をなぜやめない?≫


 人気BlogRanking人気ブログランキング

 FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング



 ニチレイが取り扱っていた、「冷凍インゲン」が大変な事になってますね。なんでも、「有機リン酸系ジクロルボス」が検出されたとか。。。

 しかし、それでもニチレイは支那産(中国産)との取引を止めないようですよ。

 【中国製インゲン】「中国との取り引きやめない」ニチレイフーズ会見(3)

 《流通段階でのチェック体制について、記者からの質問が相次いだ》

 --当該の商品からは、流通段階では問題となるような物質は検出されなかったということか

 ニチレイの責任者「現地の工場では、必ず輸出前検査を行い、商品の梱包(こんぽう)をして問題がないと確認されないと出荷できないと聞いている」

 --問題発生後にも検査が行われていたことを確認したのか

 ニチレイ側の責任者「現地の工場からはそう報告があった」

 --当該の商品番号の商品については、日本でも検査をしたのか。頻度はどのくらいか

 ニチレイ側の責任者「日本でも検査をしています。頻度については、一概にいえません」

 --ニチレイは北海食品が作っている食品について、当該のインゲン以外については販売し続ける意志があるのか

 ニチレイの責任者「はい」

 --煙台北海食品との付き合いをやめるという考えはないか

 《社の今後の経営のあり方に言及した質問に、ニチレイフーズの相馬義比古社長が自ら答えた》

 相馬社長「煙台北海食品の仕事の中身、一緒にやって培われたノウハウなど、互いに有用になってきた。互いの信頼関係の上で続けていきたい」

 --北緑食品と北海食品で作ってるものの原料の確認はしているか?

 ニチレイの責任者「(両社に)入って確認している」

 --同一箱に入っていたインゲンの検査結果はいつ出るのか

 ニチレイの責任者「一両日中に結果が出る」

 --同一箱の中にほかの生産過程で生産されたものが入る可能性は?

 ニチレイの責任者「同一箱の中には入ることはない」

 --断続的に中国製製品で同じような問題が続いているが、取引の縮小などは考えているのか

 ニチレイの責任者「私たちが中国モノについて問題ないと力んでも、日本のマーケットの中で受け入れられなければそれもある。不幸なことになりましたが、今の段階での管理状況で自信を持って管理すればマーケットはまだある。価格的なメリットだけはない」

 --今後、監査や検査の体制強化はやるのか

 ニチレイの責任者「これから規模を広げていこうという工場だったので、問題が発見されれば今後、指導していきたい」

 《会見が始まって1時間超。記者の質問が一通り出終わると、ニチレイの広報担当者が、「お騒がせしまして申し訳ありませんでした」と会見を締めくくった。ニチレイ、イトーヨーカ堂の幹部らは全員が起立し、一礼して会見を終えた》        =完



 死にかかっている人間がいるにもかかわらず取引を止めないとは、食べる化学兵器を金を出してまで利益が得れるマーケットがあるのでしょう。

 それが、安さだけを求める、「冷凍食品」と、「外食産業」です。

 表向き安心・安全というのは誰でも言えます。それに釣られて利用している日本国民がまだまだ沢山いるから、国内にマーケットが存在するのです。



 「最近、また支那産の野菜輸入量が増えているようだ。」

 「なぜ?と思って確認したら、ニチレイフーズの株価が少し持ち直している。」

 「おそらく、冷凍食品と外食産業にそのような需要要求があるからだろう。」

 「支那産を輸入しなければ、それだけで食の安全、自給率問題の改善につながる。」

  
 この事は、先月の9月15日に行われた、「真・保守市民会議」の中で私から指摘せていただいた発言です。

 百歩譲って、支那の工場で混入されたのではないとしても、普段食べる野菜を「野菜洗剤」で洗ってから食べる様な国から、食べ物を輸入するなど正気ではありません。

 ですから、我々が立ち上げた「歳徳会」は政治的にニュートラルでも、チャイナフリーを推進しているのです。

 食べのも幕府は、「企業に直接問い合わせをした会話内容をブログで公開する」という事に特化した、今まであるようで無かった画期的な取り組みです。

 これからも、ブログでも様々な会議でも情報を発信していきます。

 もう、いい加減賢くなりましょう。分かっていて日本人を危険に晒す訳にはいきません。

 支那産を輸入禁止にしろ!と思ったら・・・
 と思ったら応援クリックお願いします⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 食の安全 - ジャンル : 政治・経済

COMMENTS

次は乾燥たまご!

dandy様お疲れ様です。ニチレイもカスですね!さて…、
冷凍インゲンに続いて、今度はこんなのが来ましたよ…。

■乾燥全卵からメラミン 三井物産、中国から輸入

http://www.asahi.com/national/update/1016/TKY200810160291.html
でも三井物産は原因が究明されるまでシナから乾燥たまごの輸入を中止するとのことです。
ただ、こういった食品テロの話題で思うのは「なぜシナからの輸入を中止しないのか」という思いはもちろんですが、必ずって言っていいほど「死人は出ていない。体調不良ですんだ」みたいに記事が書かれている気がします。なんの罪もない国民が死ななきゃ企業も国もスルーなんでしょうか。国民の命が軽んじられています。消費者庁の野田聖子は、保護者の不注意でおきた蒟蒻ゼリー問題には、メーカーを徹底的に規制すると息巻いていますが、頑張る方向が間違っていると思います。いや、意図的なんですよね。中国には声をあげない。卑怯者です。そんな場合じゃないでしょうに。

日本を売る政治家に投票するな

野田聖子議員の考えや行いは日教組と同じ方向。日本の習わしは嫌なんだから中国食品被害は平気なんでしょう。

そんな頓珍漢な事を言っているから野田聖子は自分の知り合いのコンニャクゼリー会社を守るために動いているんだと言われるんでしょうね。昨今ではマルチ商法の件で野田聖子、民主党共々つるしあげられています。こんな政治家どもに消費者国民の本当の思いがわかるはずもありませんね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。