スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

爆走する麻生へ作戦を提言

≪爆走する麻生氏へ作戦を提言≫

 麻生総理

 (一応、前のエントリーの続きになってると思います。

 本題に入る前に、天皇陛下が不整脈の症状で4日までのご公務をお休みになられるとの報道を聞きました。現在の血圧は安定しているとの事ですが誠に心配です。ゆっくりご静養されて一日でも早いご快復を祈念いたしております。

 本題ですが、偉そうなタイトル通り、私から麻生氏へ市民目線の簡単な提言を申し上げたいなと思います。批判だけじゃなくてちゃんと建設的な提案をする。これがどこぞのサヨクブログと違う所です。出来もしない提言を念仏のように唱えていても時間と金の無駄ですから。

 少し前に、麻生氏は将来的に消費税を上げる可能性を示唆しました。

 これは、財政出動をするにあたって重要な事です。「何も言わない方が消費が促進されたのに…余計景気に影響するじゃないか」と批判される方がいらっしゃいますが、それは無責任というものです。いずれは消費税上がるのは既定路線なのですから、言わない方が卑怯というものです。

 なぜ、消費税に言及しなければならないのかという事を考えた時に、やはり国民の将来的不安を払拭するためだという事になります。

 例えば、国民の基礎年金部分を消費税ですべて賄う事。そして、年金受給額の物価スライド制度の実施です。その時の物価に合わせて年金受給額が変わる制度の事ですね。

 これらを将来的にすべて消費税で賄う事などを前提として、消費税のUPをするべきだと私は思います。自分たちが消費をすればするほど、将来の保険原資が増えてゆくことに繋がりますから、先行き不安解消と消費意欲を同時に促す目的があります。

 あと、非正規雇用者(労働者全体の2割しか居ませんが)に対しても、厚生年金の適用範囲を広げることです。

 非正規雇用という雇用形態がすべて悪だ!などという報道が連日なされていますが、確かに現行法に問題点が無いわけではありません。しかし、雇用形態としては、非正規雇用の条件、たとえばパートやアルバイトなど時間の融通が利く仕事の方が、都合が良い方がいらっしゃるのも現実ではないでしょうか。特に主婦をされている方などです。

 それぞれのライフスタイルに合わせて、職業選択の自由があるのですから、すべてをひとまとめにして「非正規雇用は悪だ!」などという、論調はあまり好ましいものではありません。

 しかし、そこで非正規雇用者に対しても、厚生年金などの保障を手厚く拡充する事が良いと思います。「手取りが減ってしまう!」などの話もありますが、例えばこれは非正規雇用者に限定して希望者のみに適用や、経済成長率に併せて最低賃金の引上げ等を行うことで、雇用形態格差の是正をある程度縮小できるのではないかと思います。

 ここでポイントとなるのは、雇用保険・社会保険の適用を広げれば、資金面で不利な中小企業の経営を圧迫しますから、同時に法人税の減税なども同時に行う必要があると思います。

 低所得の苦しい生活状況を、ドキュメンタリーのように報道される事がよくありますが、日本の経済は前述したように社会保障を強固に整備しただけでは一向に良くなりません。

 その最低限のセーフティネットと同時に、日本人に一番多い中所得者、いわゆる”中流家庭”の所得を増やし、消費を刺激する事が日本経済を浮揚させるために重要なポイントだと私は思います。

 たとえば、年度中には実施される見通しとなっている「定額給付金」ですが、これは本来何を目的として給付するのかと言えば、「このお金は出来る限り消費で使ってね!」という目的を与えられた”カネ”なのです。基本的に財政出動による減税政策は、国民にカネを渡して使ってもらって国全体の”カネ”の循環を活発にし、景気浮揚させて賃金や税収をUPさせようとする目的のものです。

 実は、「このお金は出来る限り消費で使ってね!」という事を、ほとんどの国民が理解していない、もしくは知らされていませんから、経済効果を狙う政府の減税政策内容を確認もせずに、いとも簡単に「バラマキだ!!」などと安易に批判ばかりしてしまうのです。

 しかしながら、これをいくら政府が「使え!使え!」と言っても貯蓄する事も本人の自由です。ですが、多くの国民がそんな事をすれば消費活動が活発になるはずもなく、企業も業績も上がらず、雇用者も増えず、賃金も上がる訳がありません。

 それに、将来不安のある低所得の人たちは、使わずに貯蓄や民間保険の足しに使おうとしますから、前述したように前もってセーフティーネットの拡充が必要になるのです。

 セーフティネットの拡充である程度の将来不安を払拭する見通しが立った上で、大規模な財政出動政策で内需の拡大を図り、企業業績を上げて税収を増やし、財政再建への道筋をつけるべきではないかと私は考えます。

 つまり、一部マスコミや左巻き政党が良く言う「低所得者をなんとかしろ!子供に借金を残すな!財政緊縮しろ!」などの論調だけでは、逆に国家財政は年々支出増、収入減となって苦しくなるだけであり、その増えるツケは将来の子供たちへ残すだけになるのです。

 繰り返しますが、日本に一番多い「中流家庭」の消費活動を活発にする事が、いわゆる「経済格差」を是正する一番の近道だと私は現時点では考えています。

 日本全体の企業が元気にならないと、雇用も発生しなければ賃金UPもあり得ません。となると貧乏な人は(私もそうですが…)いつまでも貧乏なまんまです。

 TVや新聞でやたら「不景気だ!不景気だ!」と連呼すれば、普段自由に使える金を持ってる人も財布のヒモを当然強く締めてしまいますよ。

 マスコミは、私が説明したこのような”景気の良い話”は、一切報道しませんから、我々国民はそれに騙されずに”発想の転換”が必要です。

 (ここで言う「中流家庭」の大まかな定義は、生活に困らない程度で自由に使えるお金の貯蓄が少なからずある家庭の事を指します。)

 不景気の原因は明るい話題の少ないマスコミ報道の姿勢にも原因がある。
 
 ここは景気の良い応援クリックを!⇒人気BlogRanking人気ブログランキング

 こちらもクリックお願いします⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング



 最新のお知らせはブログのトップページへどうぞ!!

 引き続き『国籍法改悪阻止運動』展開中です!
 対応方法はこちらで確認⇒http://knnjapan.exblog.jp/8967292/

 クリックお願いします。
 ⇒人気BlogRanking人気ブログランキング
 こちらもクリックお願いします。
 ⇒FC2BlogRanking.gifFC2ブログランキング

テーマ : 麻生太郎 - ジャンル : 政治・経済

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めてコメントします
定額給付金のことは私も同じ意見です
困ったことに、周りの人達に話しても反対意見が多いのです、
TVなどを見ていると、なんのための定額給付金が解ってないようです、景気回復、税収増加のためのもの「貯金しないで使えば、税収として戻ってくるから無駄では無いんだよ」と簡単に説明すると、ほとんどが賛成に回ってくれます。
TVなどで、定額給付金でこんなものが買える、いいぞ定額給付金、無駄の無い定額給付金の使い方、などの番組を放送すれば皆のために成るのに、悲しいです。
 メール慣れていないので読みにくくてすみません。
応援しています頑張ってください。

有難うございます!

(非公開コメント)さん、hal2001さん

 ご声援ありがとうございます!。

 給付金は腹立つかな若干、創価の資金に回る分も間違いなくあるのでしょうけれども、来年の2次補正の足掛かりとなってくれれば良いと思っています。我々も行動も含めこれまでの戦法を変えながら展開して行くつもりです。

 ますます反日マスコミや反日サヨクへの反撃が水面下でも激化して行きますよ。これからも熱きご支援お願い申し上げます!

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。